« 今帰仁村へサイクリング | トップページ | 乙羽岳に登る »

2007年2月24日 (土)

名護岳の渓流散策路をいく

名護中央公園の南口道路の一部通行止めにともなって迂回路の北口道路が新設された。昨年、タクシーで青年の家へ行くときにこの道を通り、眺めの良さが印象に残っていた。午後から青空が広がったので、デジカメ散歩を兼ねて歩いてみる。

迂回路の入口は名護市大北にある。整備された歩道を歩いていくと右側に貯水池らしきものが見えてきた。

070224_01_1

道はぐんぐん高度を上げ、本部半島の山々をバックに名護の市街地が広がっていく。

070224_02

深い谷に沿って大きく右へ曲がると、道は二手に分かれていた。右へいくと青年の家へ。今回は左に折れて北展望台のほうへ向かう。

070224_03_1
新緑の桜並木が美しい。

展望台を過ぎてさらに行くと、左側に林道の入口がある。未舗装でちょっと心惹かれたので入ってみた。途中、枝道をひやかしながら小一時間ほどデジカメ散歩を楽しむ。行き着いた先は高圧電線の鉄塔だった。道はさらに続いていたが、しだいに荒れてきたので撤退する。

070224_04_1070224_06_1
緑のトンネルの散歩道

070224_05_1

車道に戻ってさらに歩くと東屋があり、「名護岳創造の森公園」と書かれた案内板がある。近くには「沢コース」のコースサインも見える。渓流沿いの散策路らしい。これは期待がもてそうだと思った。沢の周辺にはヒカゲヘゴなどのシダ類が多く、これぞ亜熱帯の森といった景観が見られるからだ。

階段状の道を下りていくと、渓流のせせらぎが聞こえてくる。沢に沿って遊歩道が延びていた。その周囲をとりかこむようにヒカゲヘゴが生えている。期待は裏切られなかった。

070224_13_1070224_12_1070224_11_1070224_07_1

シダ類にとどまらない。沢の周辺には豊かな植生が展開されていた。大木も多い。

070224_08_1070224_09_1070224_10_1

20分ほど歩くと車道にでた。もっと長く歩きつづけていたかったのに・・・残念!

案内板のある分岐まで戻って帰途につく。すでに夕方の5時をまわっていたが、天気がよいので沿道の草木が輝いて見える。

070224_15_1

070224_14_1

展望台の近くにあるベンチで缶コーヒーブレイク。眺めが良くて自然を満喫できる公園は住民にとっての大きな財産だとしみじみ感じる。

070224_16_1
日本宝くじ協会寄贈のベンチがある。座り心地もグッド
070224_17_1
名護湾に沈む夕陽。今日も家につく頃には暗くなっていた...

|

« 今帰仁村へサイクリング | トップページ | 乙羽岳に登る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202237/14044799

この記事へのトラックバック一覧です: 名護岳の渓流散策路をいく:

« 今帰仁村へサイクリング | トップページ | 乙羽岳に登る »