« 轟の滝から鉄塔山へ | トップページ | 大宜味村の縦走路を歩く »

2007年2月 6日 (火)

名護市中央図書館

夕方、図書館へ本を返しに行く。名護市の中央図書館はお気に入りスポットのひとつだ。名護市や沖縄全体の地域資料コーナーが充実している。名護とその周辺を毎日のように自転車で徘徊しているうちに、木や花の名前、さらには御嶽、石敢当などの沖縄独自の風物に興味を覚えるようになった。ここでは、興味の対象を調べることができる。

070206_02
座敷があり、ゴロ寝しながら本を読める(思うだけで実行できないが)。

070206_03
このパティオもいい。贅沢な気分で読書に浸れる。

ほかにも「プロジェクトX」などドキュメンタリー系のビデオが充実しているAVコーナーがあったり、インターネットによる蔵書検索ができたりと御用達度は高い。

セミリタイア生活の実現において、タダで豊かな時間を過ごせる図書館と公園の存在は大きい。現在住んでいる賃貸物件も、図書館と公園に近いことが選択の決め手になった。

070206_01
21世紀の森公園。ここのビーチもお気に入りスポットのひとつ。

さらに、移動手段としての自転車と遊び道具としてのデジカメも欠かせない。どちらも買ってしまえばあとはほとんどお金が掛からない。

まあ、車を持たない生活を沖縄で長く続けることは難しいような気もするのだが。

|

« 轟の滝から鉄塔山へ | トップページ | 大宜味村の縦走路を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202237/13817152

この記事へのトラックバック一覧です: 名護市中央図書館:

« 轟の滝から鉄塔山へ | トップページ | 大宜味村の縦走路を歩く »