« 奥間林道から与那覇岳へ | トップページ | What's Your Name? »

2007年3月 4日 (日)

じんがもり大橋を歩く

名護市街から見える、山の中腹を横切る道路が前から気になっていた。場所からみて眺めは良さそうだ。地図で調べると県道18号線で、街から見えるのは「じんがもり大橋」らしい。天気予報がはずれて青空が広がったので、例によってデジカメ持参で歩いてみた。

地図をみると県道18号線の下に旧道らしい道があり、途中で合流している。こちらのほうが散歩には向いているかもしれない。行きは旧道、帰りは18号を歩くことにした。

旧道の入口は東江小学校の先にあった。桜が植えられた道を登っていく。予想どおり、車はほとんど通らない。

070304_01
たわわに実るバナナ。ここはやっぱり亜熱帯
070304_02
脇道の広場で見つけたお地蔵様。供え物が食卓塩とは...

山の中腹に沿って道が延びており、眺めはいい。日差しを浴びた沿道の樹木が美しい。

070304_04070304_05070304_03
上が県道18号、下が旧道

残念なのは道沿いにゴミがたくさん捨てられていたこと。人や車の往来が少ないことがアダとなり、格好のゴミ捨て場と化している。沖縄に限らず全国的に見られる現象なのだが・・・。

070304_06
全国共通の山のゴミ廃棄。ボクを捨てないで...

ほどなく県道18号と合流。そのまま歩いていくと、高台の平坦な場所にでた。右側の窪地にはヒカゲヘゴが群生している。周囲にはさとうきび畑も広がっている。さらに進んで名護岳林道で帰ることも考えたが、時間的に微妙だったので引き返すことにした。

想像したとおり、18号からは名護の市街地と海の眺めを楽しめた。

070304_07
正面に名護漁港と21世紀の森公園が見える。
070304_08
道路の山側斜面はシダ類に占拠されていた。

整備された歩道を歩いていくと、名護城の入口付近に下りついた。参道を登り、神社本殿の周辺を散策する。

070304_09070304_11070304_10

これまで、晴れると日差しは強くても風は冷たくて気持ちよかったのだが、今日は風も暖かく、坂道を歩いていると暑く感じた。そういえば、ベランダの洗濯物も今までとは逆に北側へ吹き寄せられていたっけ。これがうりずんの風なのか。初夏の季節に入り、山歩きも最終章を迎えることになりそうだ。

|

« 奥間林道から与那覇岳へ | トップページ | What's Your Name? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202237/14140825

この記事へのトラックバック一覧です: じんがもり大橋を歩く:

« 奥間林道から与那覇岳へ | トップページ | What's Your Name? »