« 安和岳に登る | トップページ | 胃が痛む夜は »

2007年4月 6日 (金)

配達された2通のハガキ

出がけにポストを覗くと、ちょっと嬉しいハガキが2通入っていた。

ひとつは国税還付金の振込通知書。昨年の秋から仕事をしていないので、久々の貴重な収入となる。もともと、フリーで働く者にとって確定申告の還付金は時季はずれのボーナスのようなもの。もっとも、その多くは国民年金と住民税の納付で消えてしまうのだが。

もうひとつは、今月下旬に行われる参議院補選の入場券。これまで自宅の住所を口頭で伝えたり記入したりするたびにホンマかいな、と感じていた。仕事もしないで「デジカメ自然散策」に明け暮れる日々を送っているせいか、永住するつもりで引っ越してきたのに旅行者気分が抜けきらないのだ。

選挙のハガキは、自分が沖縄県民になったことを改めて思い知らせてくれた。同時に、「もう旅人ではないんだよ」と告げられているような気もした。

070406_1

|

« 安和岳に登る | トップページ | 胃が痛む夜は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安和岳に登る | トップページ | 胃が痛む夜は »