« ペーパー教習を受ける | トップページ | バスで奥へいく »

2007年4月26日 (木)

パジェロミニに試乗する

自動車学校のペーパー教習も2週目に入り、いよいよ路上で運転することになった。最初はすこし緊張したが、やってみるとけっこう楽しい。クルマの流れにのってしまえば、周囲の状況に応じて体が自然に動く。2日目は変化に富んだ郊外の道を走り、運転の快感も味わった。

路上デビューを果たすとクルマが欲しくなってきた。運転技術はまだまだ未熟だが、自分のクルマで毎日運転すれば自然に上達するような気がする。

購入予定のクルマはすでに決まっていた。初代のパジェロミニ。丸いヘッドライトがかわいい。主な用途がアウトドアなので4駆+ターボも欠かせない。色はグリーン系。筋金入りのペーパードライバーのくせにクルマの好みはけっこうウルサイ。

インターネットの中古車サイトで検索し、沖縄中部の中古車販売店にターゲットを絞る。希望条件はほぼ満たしていたので、店頭で実物を確認することにした。

クルマの色は渋い緑でイメージどおりだった。問題はルーフの部分。目立つ傷とへこみがある。店の人に聞くと修復できると言うのだが。

内外装のチェックが終わったので、試乗させてもらうことにした。「アクセルは右、ブレーキは左でよろしかったでしょうか」というレベルでペーパー教習に臨んだのはつい先週のこと。それを思うとたいした進歩だ。中古車を試乗してその善し悪しを判断しようというのだから。

試乗ではこの道をいつも使うんだよねぇ。登り坂もあるからエンジンの具合がわかるし・・・と助手席で店の人がいう。ハンドルやブレーキの操作で違和感を覚えることはなかった。ルーフさえ修復できればコイツでいいかも・・・そう思いはじめていた。

交差点を曲がり、登り坂でアクセルを踏む。と、エンジンがノッキングを起こしはじめた。その状態が完全には収まりきらないまま店に帰還。

エンジンについては適切に整備し、ルーフについても修復する。作業が完了したら連絡するので、そのときにもう一度試乗すればいいということで話はまとまった。

だが、あのときのノッキングはクルマがイヤイヤをしていたように思えてならないのだが・・・。

Simg_2332_edited

|

« ペーパー教習を受ける | トップページ | バスで奥へいく »

コメント

こんにちは!さすらいのjoeさん!y氏から聞いてやってきました。この写真、いいですね~。こういう何気ない写真だいすきです。真ん中の青紫の葉っぱが気になります。
まったり、名護暮らし、エンジョイしてください!

投稿: hane | 2007年5月 1日 (火) 13時33分

コメント、ありがとうございます! 沖縄の街角にはこうした何気に絵になる風景があふれているのでデジカメ好きにはたまりません。近いうちにクルマを買うことになると思いますが、街を探訪するにはやはり自分の足で歩くのが一番ですね。ちなみに紫の植物は沖縄でよく見かけるもので、コルディリネの仲間だと思います。お暇なときにでもまた遊びに来てください。

投稿: tokajar | 2007年5月 1日 (火) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペーパー教習を受ける | トップページ | バスで奥へいく »