« シジミチョウを撮る | トップページ | パジェロミニに試乗する »

2007年4月21日 (土)

ペーパー教習を受ける

名護へ引っ越して4カ月。これまでクルマがなくてもそれほど生活に不便を感じたことはなかった。スーパーやコンビニ、銀行、郵便局、図書館などはすべて徒歩圏にある。市街から離れた58号沿いのスーパーやホームセンター、本屋などへ行くときは自転車を使えばよかった。

でも、それは買い物などの日常生活レベルでのハナシ。海や山などアウトドアで遠出をしようと思えばどうしてもクルマが欲しくなる。これから日差しが強くなれば、近場でも自転車による移動は辛いだろう。今後も名護で暮らしていくのなら、ペーパー教習 → クルマ購入は避けてとおれない道だった。

3月に自動車学校に電話し、今は学生で混んでいるからペーパー教習は4月半ばまで受けられないと告げられたときは、内心ホッとしたものだ。その猶予期間も終わり、今週から自動車学校で教習を受けるハメになった。

教習初日、ハンドルを握ったクルマは未知の怪物だった。免許をとったのが22年前。取得後もほとんど運転経験がないので初めてハンドルを握るようなものだ。未知のものはなんでもコワい。初めて買ったパソコンも新しい職場もみなコワかった。ここは腹をすえて時間をかけて慣れていくしかない。

今週は場内での練習に終始した。正味1時間の教習だが終わるとグッタリする。救いは教官がみな丁寧で優しいこと。ただでさえ緊張しているのに、強く叱責されたりするとよけい萎縮してミスを犯すことになりかねない。

免許は持っているので(しかもゴールド)、検定にパスするというプレッシャーがないのも救いだ。ある程度自信がついたらクルマを購入し、自分で練習すればいい。

もうひとつの救いはペーパードライバーが集うインターネットの掲示板。クルマの運転が怖いのは自分だけではない、ペーパーは皆そうなんだということを知るだけで気持ちがラクになる。見えない仲間の存在を知らせてくれることは、インターネットの功績のひとつかもしれない。

来週はいよいよ路上デビューが控えている? ここしばらくはイバラの日々が続きそうだ。

Img_1211_edited_1   

|

« シジミチョウを撮る | トップページ | パジェロミニに試乗する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シジミチョウを撮る | トップページ | パジェロミニに試乗する »