« パジェロミニ納車 | トップページ | やんばる一周ドライブ »

2007年5月11日 (金)

古宇利島から多野岳へ

パジェロミニ納車の2日目。朝からドライブにいく。目的地は古宇利島。通行料が無料の一般道としては日本最長の古宇利大橋(1960m)をクルマで疾走してみたかった。

天気は快晴。架橋された奥武島と屋我地島を過ぎると、前方に古宇利大橋が見えてきた。

橋の上から見るライトブルーの海が美しい。全開の窓から潮風が吹き抜けていく。BGMを用意しておくべきだったと後悔する。

070511_01
古宇利島から古宇利大橋を見る。そこの海、ちょっと青過ぎ!
070511_03
古宇利ビーチ。砂浜が目にまぶしい。
070511_02
ルリタテハ。古宇利港付近で遭遇

古宇利港の周辺を散歩してからクルマで島内を一周し、多野岳へ向かう。山頂まで車道が延びており、クルマを買ったらぜひ行きたいと思っていた。

急カーブが続く山道だが道幅があるので運転は難しくない。ハンドル操作に専念しているうちにグングン高度を稼ぎ、まもなく山頂に立つホテルが見えてきた。

山頂からは羽地内海や東シナ海、羽地ダムのパノラマが広がっていた。眺めのよい東屋で昼食をとり、遊歩道を散策する。

070511_08
絶景の東屋でランチタイム。ホテルのレストランで食事することも可能

ヒカゲヘゴが茂る山腹の道から日当たりのよい稜線に出ると、さまざまな蝶が飛んでいた。

070511_04
ムラサキツバメ
070511_05
ツマグロヒョウモン
070511_06_1
イシガケチョウ

山頂のホテルタニューには展望風呂があり、日帰り客も500円で利用できる。時計をみると午後の休止タイム。待つことも考えたが、風呂上がりにビールを飲めないことに思い至り、結局ヤメた。

クルマを停めた駐車場に向かっていると、ペーパー教習を受けた自動車学校のクルマがやってきた。路上教習の一環として山道を登ってきたのか。すこし前まで同じ教習車に乗っていたことを思うと妙な感慨を覚えた。

山頂から見た羽地ダムを経由して帰ることにした。

070511_07
羽地ダム

ダム湖畔の道はトンネルや大きな橋があり、変化に富むドライブコースだった。名護岳の周囲を大きく一周して名護市街に戻る。

クルマのおかげで従来なら2、3日を要した観光メニューを1日で消化してしまった。だが、時間の節約と効率アップでいいことずくめかと言うとそうでもない。

詰め込みすぎで全体の印象が薄いのだ。しかも、印象に残っているのはクルマを停めて自分の足で歩いたところだけ。移動中はクルマの運転でいっぱいいっぱい。周囲の景色を楽しむ余裕などない。マイペースでゆっくり走りたくても、ルームミラーには後続車が貼りついている。

クルマを下りたあと、久しぶりに自転車に乗る。街角の景色を眺めながらゆっくりペダルをこぐ。クルマはたしかに便利だけど、気楽な自転車も捨てがたい。

|

« パジェロミニ納車 | トップページ | やんばる一周ドライブ »

コメント

山歩きしてると蝶の美しさにホッと一息入れる事ができるので、とても癒されます。ツマベニチョウやオオゴマダラにはハッとさせられるような美しさを感じます。

パジェロミニ購入で行動半径が広がりますから、時間も節約されてさらにいろいろなものが見えてくるのではないでしょうか。
楽しく美しい写真をまた期待しています。

投稿: tobaru_99 | 2007年5月15日 (火) 23時33分

コメント、ありがとうございます! 沖縄へ来てからすっかり蝶の魅力にとりつかれてしまい、いまではメインの被写体になりつつあります。ツマベニチョウは私も好きな蝶ですが、なかなかシャッターチャンスに恵まれません。クルマのおかげで今後は国頭村の山へも気軽に行けそうです。そろそろハブが心配な季節ですが・・・。

投稿: tokajar | 2007年5月16日 (水) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202237/15053525

この記事へのトラックバック一覧です: 古宇利島から多野岳へ:

« パジェロミニ納車 | トップページ | やんばる一周ドライブ »