« 3:00PM ベランダにて | トップページ | 35歳までの必読書リスト »

2007年6月10日 (日)

暮らしのテーマパーク

今日は買い物にでも行こうかと考えたとき、無意識にイメージしているのは郊外にある百円ショップ。そこをまずチェックし、該当するものがない場合はほかを当たるというパターンが定着してしまった。

服や電化製品、食料品などは専門の店を利用する。それ以外の日用品については百円ショップで事足りることが多い。コレはちょっと無理だろうというモノでも案外見つかったりする。百円ショップは侮れない。

最近購入した百円商品で気に入っているのがイヤーマフと耳栓。どちらも単体で使うとイマイチだけど併用すると効果がある。読書などで集中したいときには重宝する。

その一方で、百円商品には安いなりの限界もある。「XXは買ってはいけない」ということも経験からわかってきた。もっとも、安物買いの銭失いになっても金額は微々たるものだけど。

百円ショップにはもうひとつの楽しみ方がある。それは、商品に自分なりの付加価値をつけて新たな活用の道を見いだすこと。

部屋の様子を頭に浮かべながら、コレは何かに使えないかと考えつつ、棚の商品をアレコレ見てまわるのは楽しい。買ったはいいが使えなかったということもあるが、ねらいが的中すると思わずニンマリする。

百円ショップを御用達にすることで得られる効果は節約にとどまらない。毎日をクリエイティブに遊ぶための宝探しの場も提供してくれる。

070610n_005_2_edited
あれもダイ○ー、これもダ○ソー...

|

« 3:00PM ベランダにて | トップページ | 35歳までの必読書リスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202237/15381374

この記事へのトラックバック一覧です: 暮らしのテーマパーク:

« 3:00PM ベランダにて | トップページ | 35歳までの必読書リスト »