« 逃避のカプセル | トップページ | クリエイティブな1日 »

2007年6月24日 (日)

エアコンがクラッシュする日

3日前、沖縄に梅雨明け宣言が出された。シーズン前半は空梅雨にちかく、後半は雷鳴とどろく集中豪雨。それにしても、あっけない幕切れだった。

そんなわけで沖縄は夏本番。朝起きて温度計を見るとすでに30度を超えている。窓を開ければ風が通るが、湿気が多いのでエアコンのスイッチを入れてしまう。

そして、冷房が効いた部屋に夜までこもることになる。外がどんなに暑くても、部屋にいるかぎりは快適だ。結果的に、エアコンに依存した毎日を送ることになる。

沖縄への移住にあたり、もっとも恐れていたのは台風だった。停電したらパソコンが使えなくなる。仕事にパソコンは欠かせない。

でも、今はエアコンに逝かれるのが一番コワい。突然停止したら、湿気と暑さで参ってしまうだろう。パソコンも熱暴走しかねない。

しかし、朝から夜まで毎日フル稼動していれば故障の確率も高くなる。島ならではの塩害の問題もある。おまけに6畳用のエアコンを12畳のスペースで使っているし・・・。

だが、沖縄でのエアコン最大の脅威はほかにある。それはヤモリだ。

ヤモリがエアコンの室外機に侵入し、基盤に触れてショートさせることで故障が起きるのだという。名護の家電店でもヤモリから基盤を守る "ヤモリガード" を装備したエアコンが一番人気だ。

自宅で使用しているエアコンはクーラー機能のみの安物で、最初から部屋に付いていたもの。日本製だが聞いたことのないメーカーだし、ヤモリ対策は期待できそうもない。自衛策としてベランダにヤモリがいないか調べてみたが、今のところまだ見つかっていない。

昔から「家を守る」と大事にされてきたヤモリ。沖縄では自爆テロの実行犯だったとは・・・。

070624_01
21世紀の森公園

|

« 逃避のカプセル | トップページ | クリエイティブな1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202237/15554448

この記事へのトラックバック一覧です: エアコンがクラッシュする日:

« 逃避のカプセル | トップページ | クリエイティブな1日 »