« 朝のドライブ | トップページ | 麺との闘い »

2007年7月 2日 (月)

蕩けゆく日々

梅雨が明けて2週間も経たないというのに、暑さにゲンナリしてしまった。朝7時前の室温が32度。部屋が最上階ということもあって、これでもかといわんばかりの猛暑が襲う。もうしょうがないサー、などとオヤジギャグをかましたくなるくらい暑い。

暑いからシャワーも水で浴びる。それも1日数回。最初の一瞬はヒヤッとするが、慣れると水のほうが気持ちいい。コーヒーやさんぴん茶もペットボトル製品を冷やして飲むようになった。

冷たいものをガブ飲みするので、胃腸の調子がよくない。眠りも浅くなり、体が重く感じられる。が、不調をきたしているのは肉体にとどまらない。暑さで脳が蕩けはじめている。

今日の午前中、仕事部屋からダイニングへ戻ると、ガステーブルに放置されているヤカンに気がついた。火にかけたまま忘れてしまったらしい。水は蒸発して一滴も残っていない。幸いなことに、バーナーの安全装置が働いて自動消火されていたのだが。

午後になると、エアコンの異変に気がついた。冷え具合がイマイチなのだ。ベランダに出てみると、今日が特別暑いというわけでもない。エアコンの吹出口からは冷風が出ている。夏風邪をひいて熱があるのかもしれないと思った。

夕方、外出前に戸締まりをチェックしていると、サッシ戸の上部にある小窓が開いているのに気がついた。これでは十分に冷えないわけだ。もうしょうがないサー。

070630_01_1
陽が沈んでもねっとりと暑い。散歩の後には水シャワーが待っている...

|

« 朝のドライブ | トップページ | 麺との闘い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝のドライブ | トップページ | 麺との闘い »