« 涼を求めて | トップページ | 嵐のあとに »

2007年7月13日 (金)

そして、奴が来た

唸りをあげて襲いかかる風と雨。咆哮する空と大地。昨夜から荒れ模様だった天候は、朝起きるとすさまじい暴風雨と化していた。

自然の猛威は室内にも及んでいた。エアコンから木魚を叩くような奇怪な音が聞こえてくる。もはやこれまでと観念し、エアコンが念仏を唱えはじめたのか。

東から南へ風向きが変わると、右側に寄せてあった網戸が強風を受けてズルズルと左へ動きはじめた。サッシ戸のレールには水がたまり、水位がじりじりと上昇している。

そして、恐れていた事態がついに到来。目の前のパソコンの画面がフッと暗くなる。Wordの文書、まだ作成中だったのに・・・。

結局、停電は7時間以上つづき、復旧したのは夜7時頃。ヘッドライトを頭に付けて夕食の支度を始めたときだった。チャングムの放映に間にあって内心ホッとする。

沖縄で初めて体験した台風は想像以上にパワフルで凶暴だった。でも、金曜の夜のささやかな楽しみだけは壊さずに駆け抜けていった。

070713n_01

|

« 涼を求めて | トップページ | 嵐のあとに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 涼を求めて | トップページ | 嵐のあとに »