« スタッドレス イン オキナワ | トップページ | 10万円の椅子 »

2007年8月17日 (金)

ケータイ漂流

ざっくり分けて人間には2種類ある。携帯電話を必要とする人間と必要としない人間だ。

携帯はあれば便利だけど無くてもかまわないモノだった。待ち合わせのときでも、相手が持っていればそれほど困ることはない。小さい画面を見ながら親指でピコピコやる動作も好きになれなかった。

それでも、旅行では重宝するのでツーカーのプリペイド携帯を購入した。移住直前の沖縄旅行ではこれが大活躍。賃貸物件をめぐる不動産屋とのやりとりに威力を発揮した。

ところがツーカーがKDDIに吸収合併されたため、プリペイドもauへの変更を強いられることになる。携帯端末は無料で提供されるのでいい。問題は機能だ。auのプリペイド携帯ではEメールが使えない。

だが、仕事を再開するとEメールの機能が必要になってきた。仕事の連絡にはもっぱらメールを使用する。仕事のメールを携帯に転送できれば外出中でも確認できる。

調べてみると、ソフトバンクのプリペイド携帯ではEメールが使えるらしい。端末を新たに購入する必要があるが、外出中にメールをチェックできる利便性は大きい。結局、auからソフトバンクへプリペイド携帯を再度変更することにした。

成果はすぐに現れた。たとえば、日没後に21世紀の森公園へ散歩にいく。メールの着信音が鳴り、液晶画面で送信元と文面を確認する。自宅へ戻ってパソコンで添付ファイルを確認したほうがよさそうだ。

パチンと音を立てて携帯を閉じる。照明で仄白く浮きあがる海辺の遊歩道を歩きながら、東京の雑踏を歩いているような感覚に一瞬とらわれていた。

070628_01
21世紀の森公園

|

« スタッドレス イン オキナワ | トップページ | 10万円の椅子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スタッドレス イン オキナワ | トップページ | 10万円の椅子 »