« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月26日 (水)

宵の海竜

空を仰ぐと、青空が占める割合が高い。陽も差している。だが、スコールのような激しい雨に何度も見舞われる。

映画の撮影で人工的に降らせている雨のように、どこかシュールで嘘っぽい天気。今日は、散歩は無理かもしれないと思った。

夕方、仕事を終えるとスカッと晴れている。雨雲はない。騙すなよ、と念じつつ海辺の公園へ向かう。

浜辺に着くと釣り人がたくさんいた。皆、ルアーをセットした釣り竿を持っている。仕事帰りとおぼしきワイシャツ姿の人もいた。その釣り人たちを眺めるギャラリーもいる。

関東周辺では、秋になるとワカシやソーダガツオなどの回遊魚が接岸し、釣りの格好のターゲットとなる。沖縄でも回遊魚の季節を迎えているのかもしれない。どんな魚が釣れるのか興味が湧いたが、海面は穏やかでナブラ(魚の群れ)は見えない。

散歩を再開し、ビーチに突き出た堤防へ向かう。座り心地のよさそうな石を見つけて腰を下ろした。海面がまどろむように揺れている。

そろそろ釣りを再開したいと思う。シーカヤックも欲しい。ダイビングやスノーケリングも体験したい。沖縄へ来て海を眺めるだけではもったいない。

気がつくと仕事に埋没する日々が続いていた。沖縄の自然をフルに体感する生活を夢見て移住したはずなのに・・・。

沖の海面にS字を描く軌跡が伸びている。目を凝らすと、身をくねらす竜のようにも見える。その白い光の筋を追いながら、あれが回遊魚の通り道なのかもしれないと思った。

S070926c_015_edited

| | コメント (0)

2007年9月14日 (金)

夏の流れ

早いものでもう9月。秋だなぁ...という印象はないが、それでも朝晩は多少涼しくなった気がする。長かった沖縄の夏も終わりに近づいている。

思えば今年の夏は試練のときだった。梅雨明けとともに始まった猛暑。湿気が多く、汗で体がベトベトして水シャワーを何度も浴びた。そして台風の襲来。米にはコクゾウムシが湧くし・・・。

その沖縄の夏ももうすぐ終わる。やれやれ、助かったと思う。涼しくなればまた山へも行ける。一眼レフ+高倍率ズームで撮影する機会も増えるだろう。

その一方で、夏の間、夕空をダイナミックに彩る雲の動きに魅了されていた。夕方、散歩にでる最大の愉しみがこれ。夕陽を浴びて赤く輝きながら、刻一刻と姿を変えていく雲の様子を海辺の公園で眺める。

陽が沈んでから暗くなるまでの黄昏時もいい。暗雲が低く垂れこめる下で、鏡のような海が鈍色に染まっている。荘厳な情景に足が止まり、思わず見とれてしまう。

自然のドラマはタイマー録画できない。が、仕事にかまけて見逃すには美しすぎる。

S070912c_014_edited
21世紀の森公園

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »