« 神々の黄昏 | トップページ | 宵の海竜 »

2007年9月14日 (金)

夏の流れ

早いものでもう9月。秋だなぁ...という印象はないが、それでも朝晩は多少涼しくなった気がする。長かった沖縄の夏も終わりに近づいている。

思えば今年の夏は試練のときだった。梅雨明けとともに始まった猛暑。湿気が多く、汗で体がベトベトして水シャワーを何度も浴びた。そして台風の襲来。米にはコクゾウムシが湧くし・・・。

その沖縄の夏ももうすぐ終わる。やれやれ、助かったと思う。涼しくなればまた山へも行ける。一眼レフ+高倍率ズームで撮影する機会も増えるだろう。

その一方で、夏の間、夕空をダイナミックに彩る雲の動きに魅了されていた。夕方、散歩にでる最大の愉しみがこれ。夕陽を浴びて赤く輝きながら、刻一刻と姿を変えていく雲の様子を海辺の公園で眺める。

陽が沈んでから暗くなるまでの黄昏時もいい。暗雲が低く垂れこめる下で、鏡のような海が鈍色に染まっている。荘厳な情景に足が止まり、思わず見とれてしまう。

自然のドラマはタイマー録画できない。が、仕事にかまけて見逃すには美しすぎる。

S070912c_014_edited
21世紀の森公園

|

« 神々の黄昏 | トップページ | 宵の海竜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神々の黄昏 | トップページ | 宵の海竜 »