« やんばるの森へ | トップページ | グスクを巡る »

2007年11月 2日 (金)

美ら海水族館へ行く

名護は本部半島のつけ根にある町。半島の先端近くにある美ら海水族館へも近い。名護に住んだらジンベエザメやマンタとも気軽に会えると思っていたのだが、移住後はなぜか足が遠のいていた。

11月の平日なら空いているだろうと考えて久しぶりに行ってみた。年間パスポート(\3600)を購入して館内へ入ると、平日なのに結構混んでいる。昼前という時間帯のせいかもしれない。

美ら海水族館は沖縄の海の宝石箱だ。さまざまな色や形の海の生物がひしめく水槽を見てまわるのは楽しい。未知の生物を間近で観察し、照明で輝く工芸品のような姿態にうっとりする。自然観察と美術鑑賞の喜びが同時に満たされるのを感じる。

さらに、今回は写真撮影も兼ねていた。海がきれいな沖縄。いずれは海の水中写真にも挑戦したい。その手始めに水族館で魚を撮る。ガラス越しではあるが、水中写真のイメージの片鱗はつかめるだろう。

結果はイマイチ。ISO感度を高く設定するのを忘れたため、写真の多くで被写体ブレが起きていた。でも、これでサカナがピタッと静止すればいい感じなんだけど・・・と悔やまれるショットもあったので、海の生物の撮影スポットとしてのポテンシャルはかなり高いと感じた。

この水族館、平日午前の早い時間帯は空いているとか。年間パスポートも手に入れたことだし、近いうちに早起きしてリベンジに向かうことになりそうだ。

S071102c_017_editedS071102c_037_edited_2S071102c_044_editedS071102c_049_editedS071102c_053_edited

|

« やんばるの森へ | トップページ | グスクを巡る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やんばるの森へ | トップページ | グスクを巡る »