« 東京土産 | トップページ | ドッペルギャンガー202 »

2007年11月30日 (金)

古宇利島を歩く

夏の間、古宇利島の周遊道路をクルマで走りながら、涼しくなったらデジカメ持参でじっくり歩いてみようと思っていた。仕事が一段落し、天気もやっと回復したので、Nikon D50+18-200mmズームを携えて出かけてみた。

古宇利大橋から眺める海面が強風で波立っている。橋を渡り終えてすぐの「あやかりの里」の駐車場にクルマを停めた。漁港周辺から散歩を開始する。

堤防の先に伊是名島へ向かうフェリーが見える。白い古宇利大橋とライトブルーの海のコントラストが美しい。久しぶりに聞く一眼レフの心地よいシャッター音に浸っていると、目玉の大きなフグが堤防の上で死んでいた。

S071130n_008S071130n_024_editedS071130n_034_edited

道路脇の柵に漁網が干してある。海から離れ、集落がある島の内部へ向かう。歩くにつれて高度が上がり、古宇利大橋のパノラマが広がっていく。

S071130n_065

古い家が多い。小さな畑でお婆さんが農作業をしている。犬が2匹駆け寄ってきたが、こちらが身を固くしているとすぐに行ってしまった。周遊道路からすこし入っただけなのに、島の集落はひっそりと静まりかえり、離島の雰囲気に満ちていた。

今回は時間がなく、漁港周辺だけで終わってしまった。予想どおり、古宇利島は歩くのが楽しい島だった。写真を撮るには歩くのが一番。次回は1日かけて徒歩で島を一周したい。

S071130n_063_edited

|

« 東京土産 | トップページ | ドッペルギャンガー202 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京土産 | トップページ | ドッペルギャンガー202 »