« 古宇利島を歩く | トップページ | 名護・やんばるツーデーマーチ »

2007年12月 2日 (日)

ドッペルギャンガー202

最後に自転車に乗ったのはいつだろうか。夏の間は暑くて乗る気になれなかった。クルマを購入したことで、移動手段としての価値も薄れてしまった。置き場所を駐車場からアパートの室内に移したことも大きい。デカくて重いため、持ち出すのが億劫になった。

でも、いまの季節は自転車に乗るのが楽しい。小ぶりで取り回しがラクな自転車が欲しいと思った。折りたたみ式ならクルマで運べるし・・・。

例によってネットで検索し、安くて評判のよいドッペルギャンガー202を発見。さっそく購入し、先週届く。畳んだ状態で梱包されていたが、組立は簡単だった。それに12キロ少々と軽い。これなら持ち運びもラクそうだ。

試乗してみると、ネットでの評判どおりサドルが固い。ママチャリ用のものに交換するとグンと快適になった。20インチと小ぶりだが、サドルを高くして漕ぐとそこそこスピードもでる。6段変速なので坂道もOK。新たなアウトドアツールの誕生だ。

夕方、屋部川沿いの遊歩道をポタリングする。デジカメ片手にぶらぶら歩くのも楽しいが、沈みゆく夕陽に向かって軽快にペダルを漕ぐのもまた楽しい。

S071202c_002_edited

今回の自転車につづき、アウトドアツールの第2弾として考えているのが折りたたみ式のシーカヤック。畳めれば保管場所に困らないし、パジェロミニでも運べる。ネックは自転車とちがって高価なこと。それともうひとつ、パドルを漕ぐには四十肩をなんとかしないと・・・。

|

« 古宇利島を歩く | トップページ | 名護・やんばるツーデーマーチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古宇利島を歩く | トップページ | 名護・やんばるツーデーマーチ »