« 古宇利島を歩くⅡ | トップページ | うたかたの夢 »

2007年12月30日 (日)

沖縄南部をドライブする

6年前の最初の沖縄旅行では、主に本島南部をまわった。断崖から眺めた海と空のパノラマに感激したのを覚えている。ただ、移動手段がバスと徒歩だったので訪問できる場所は限られていた。

今回はクルマの機動性を活かして南部の名所をピンポイントで訪問。再訪の地もあれば、初めて訪れる観光スポットもあった。

高台の道からは海が見渡せて気分爽快。樹木で覆われた北部のやんばるエリアとはまた違った、海と緑と家並みが三位一体となった開放感あふれる景色が南部の魅力だ。

北部もいいけど南部もいい。4泊5日の小旅行を終えて改めてそう感じた。

S071226n_045
ニライ橋・カナイ橋。南部ドライブコースの白眉。短いトンネルを抜けると青い海が目の前にドーンと広がる瞬間は鳥肌モノ。

S071226n_061
斎場御嶽(セイファウタキ)。6年ぶりの再訪。昔はタダだったが現在は有料(200円)。

S071229n_091
垣花樋川(カキノハナヒージャー)。南部もいいなぁと思わせた場所のひとつ。

S071229n_036
糸数城跡。今回訪れたグスクのなかでもっとも見応えがあった。

S071229n_010_edited
奥武島(オウジマ)。本島と橋で結ばれた小さな島。夕方、島内の店でビールのつまみ用にてんぷらを買う。結局、それが夕食になってしまった。

S071229n_106_edited
奥武島から港川漁港を遠望する。港川人が発見されたのはこのちかく?

S071228n_002_editedS071228n_008_edited
玉泉洞。幻想的な地下の世界から長いエスカレータで地上に戻ると、きらびやかなお土産屋ワールドが待っていた。

S071228n_040_n_edited
糸満港。シブく味わいのある港街。ここも好きな街だ。

S071228n_031_editedS071228n_037_n_edited
喜屋武岬。広大な紺碧の海と沖縄戦の惨劇。生と死の激しい対比に言葉を失う。前回はここまで歩いてきた。クルマで来ても鎮魂の想いは変わらない。

|

« 古宇利島を歩くⅡ | トップページ | うたかたの夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古宇利島を歩くⅡ | トップページ | うたかたの夢 »