« うたかたの夢 | トップページ | 読書の冬 »

2008年1月22日 (火)

桜の山の満開の下

年が明けてから体調がすっきりしない。山へ行って風邪をひき、いまだに咳がとまらない。腰痛も慢性化している。四十肩も悪化の一途。最近はクルマのハンドルさばきもぎこちない。

体調が悪いと気分も萎える。日課だった夕方の散歩もさぼりがち。外出する意欲が湧かないのだ。気温が下がり、山歩きや街歩き、デジカメ散歩に最適のシーズンを迎えているというのに・・・。

家にこもって朝から夜までダラダラと仕事をし、レトルト食品で食いつなぐ日々。さすがに嫌気がさしてくる。

朝起きて、桜を見に行こうと思った。満開の桜がココロに花を咲かせてくれるかもしれない。

向かったのは本部半島の八重岳(標高453m)。日本で一番早いという桜祭りが先週から始まっていた。平日だから空いていると思ったのだが、本土からの観光客も多く、結構混んでいる。

お目当ての桜は山の中腹から頂上にかけて満開の木が多く、見応え十分。これで天気が良ければ申し分ないのだが。

昨年の2月に来たときは山麓まで自転車を漕ぎ、そのあと頂上までひたすら歩いたものだ。行きかうクルマの多さにゲンナリし、排気ガスに嫌悪をもよおした。

今年は自らクルマのハンドルを握り、頂上を目指してブイブイ登っていく。桜が満開の場所に差しかかると適当なスペースにクルマを停めてサクッと写真撮影。

1年で人間は変わるものらしい。

S080122n_002_editedS080122n_014_editedS080122n_049_editedS080122n_044_edited

|

« うたかたの夢 | トップページ | 読書の冬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うたかたの夢 | トップページ | 読書の冬 »