« 読書の冬 | トップページ | 幻の滝ふたたび »

2008年2月 4日 (月)

夜桜の城

八重岳、名護城跡と並んで今帰仁城跡も桜の名所として知られている。しかし、昼間行っても天気が悪いとパッとしない。夜になってライトアップされた桜のほうが綺麗だろう。そう考えて夜桜見物に行くことにした。

2月10日まで開催中の「今帰仁グスク桜まつり」。八重岳同様、平日なのに人が多い。入口付近の駐車場には空きがなく、すこし離れた臨時駐車場にクルマを停める。

今帰仁城跡の入口に近づくと、青や緑で美しくライトアップされた城壁が見えてきた。城内では、鮮やかにイルミネーションされた木々に目が奪われる。主役である満開の桜も加わり、石の階段の両側には幻想的な光景が展開されていた。

魅力的な被写体に囲まれて夢見心地で写真をとる。が、シャッター速度が遅いため手ブレなしで撮るのは難しい。同じ対象を何度も撮りなおすことに・・・。

久々にガッツリ写真を撮ったという満足感に包まれる。唯一の心残りは、妖しく輝く桜を見ながら花見酒を飲めなかったこと。家路に向かいながら、デジカメの画像をパソコン画面で見ながら一杯やろうと考えていた。

S080204n_068_edited_2S080204n_074_editedS080204n_085_editedS080204n_090_editedS080204n_111_editedS080204n_150_editedS080204n_156_edited

|

« 読書の冬 | トップページ | 幻の滝ふたたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読書の冬 | トップページ | 幻の滝ふたたび »