« マクロ開眼 | トップページ | 未知なる惑星 »

2008年5月 4日 (日)

廃墟ホテル探訪

沖縄中部にある中城城跡は沖縄を代表する城跡のひとつ。世界遺産にも登録され、かのペリー提督も賞賛したという。

この名城のとなりに隠れた名所がある。中城高原ホテル跡だ。完成直前に会社が倒産し、以後30年以上にわたって放置され、廃墟と化したいわくつきの場所。

これまで、ホテルの内部に足を踏みいれたことはなかった。一人だと何となく入りづらい。中でAVの撮影をしていたらどうしよう、などとあらぬ妄想にふけったりもした。ハブが出そうな山道にはズンズン入って行けるのだが。

ゴールデンウィークに友人が来沖し、中城城跡を案内する。ついでに、中城高原ホテルの廃墟も案内した。個人的にはこっちが本命だったりして・・・。

予想どおり、中は荒れ放題だった。30年という時の経過がそのまま反映されている感じ。その一方でカラフルな壁の落書きなど、ヒトの痕跡も随所に見られ、隠れた名所としての実態が浮き彫りになる。

S080504nc_007tnS080504nc_015t

S080504nc_011tn

敷地は広く、建物はさらに奥まで続いていたが、今回はキリのいいところで引き返すことにした。

想像していたとおり、写真を撮るには楽しい場所だった。取り壊しも検討されているそうなので、近いうちに再訪することになりそうだ。今度はNikon D50+18-200mmズームでガッツリ撮りたいけど、ここは心霊スポットとして知られた場所。ヘンなものが写らないといいんだけど。

|

« マクロ開眼 | トップページ | 未知なる惑星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マクロ開眼 | トップページ | 未知なる惑星 »