« キオビエダシャク | トップページ | キノコを探して »

2008年5月20日 (火)

街中マクロ散歩

市街地を散歩していると、ゴージャスな花の群れに思わず足を止めてしまうことがある。街のあちこちでちょっとしたスペースに花が植えられている。花の無人販売所も見かけるし、沖縄の人は本当に花が好きなんだなぁと思う。

眺めるだけでも十分に楽しいけど、見るだけではもったいないと思うときもある。そんなときは、デイバックからコンパクトデジカメを取りだして写真を撮る。散歩中のひとこまとしてはそれで十分なはずだった。

ところが、タムロンの272Eを買ってからは道端の花もマクロのターゲットに・・・。夕方の小一時間を利用して、街角の見慣れた花にズズイと寄っていく。

問題は、大きなレンズの一眼レフは街中で人目を引くこと。学校帰りの小学生の女の子に「何を撮っているのですか?」などと礼儀正しく聞かれたりする。

デジカメの液晶画面を見せようとすると、一瞬、後ずさりした。結局、Nikon D50の小さな液晶ではイメージが伝わらない。おじさんは、真っ赤なグラジオラスを撮っていたのですよ。

S080520n_008tne

|

« キオビエダシャク | トップページ | キノコを探して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キオビエダシャク | トップページ | キノコを探して »