« マクロの楽園 | トップページ | アジサイの園 »

2008年6月11日 (水)

県民の森を歩く

今週もすでに半ば。仕事がくる気配はない。これが冬なら喜々として山歩きに励むところだが、さすがにちょっと蒸し暑い。ハブも恐いし・・・。

その一方で、写真を撮りたくてウズウズしていた。マクロという未知のフィールドをもっと極めたい。週間予報によると、明日からしばらく雨の日が続くらしい。沖縄の天気予報はアテにならないけど、予報を口実に出かけることにした。

問題は行き先だ。マクロの天敵の強風が吹いている。風を避けられる場所で適度に日陰があるところ。

恩納村の県民の森が候補に浮かんだ。ルートのひとつに「渓谷コース」があり、小川に沿って遊歩道が整備されている。谷間なので風の影響を受けにくい。密生する樹木が日差しも遮ってくれる。

国道58号を南下し、安富祖の信号を左折して県民の森へ。家から30分もかからない。県民の森には海の眺めが見事な熱田岳に登るコースもあるが、今日はマクロ撮影が目的なので「渓谷コース」のサインに従って谷へ下りていく。

遊歩道は歩きやすく、沿道の木にはペンキ(?)で名前が書かれている。すこし無粋な気もするが、木の名前がすぐにわかるのはいい。

予想どおり、山の斜面が風を防いでくれた。でも、そのぶん蒸し暑い。湿気が多いせいかキノコもたくさん見かけた。が、求めるイメージのキノコは見当たらない。虫ではナナフシやササキリに遭遇した。

S080611n_018eS080611n_019e
ササキリの幼虫。成長すると緑色になる。

S080611n_012teS080611n_009te
エダナナフシ。遠目には木の枝のように見える。

S080611n_006tee
シマササグモ

遊歩道が沢から離れ、登りに転じる地点で引き返す。自然散策を楽しむには少々湿気が多すぎた。ただ、コース自体の雰囲気は悪くない。亜熱帯の森を手軽に体験できるお薦めのコースといえるかもしれない。

S080611nc_001e
恩納村・県民の森の渓谷コース

|

« マクロの楽園 | トップページ | アジサイの園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マクロの楽園 | トップページ | アジサイの園 »