« 捨てられる花たち | トップページ | 夏の夜の憂鬱 »

2008年6月28日 (土)

多野岳山頂へ

名護の周辺には自然観察に適した山がいくつかある。なかでも名護岳と多野岳はクルマで容易にアクセスできるため、暑い季節にはありがたい。ホテル・タニューがある多野岳は山頂まで立派な道路が延びている。

昨年の5月に訪れたとき、ホテル・タニューの裏にある散策路でチョウを撮ったことを思いだした。山頂なので眺めもよい。景色を楽しみながら、チョウが舞う小道を久しぶりに歩いてみたくなった。

最近、タムロンのマクロレンズのピント合わせがうまくいかない。マニュアルでの微妙なピント合わせには集中力が欠かせない。暑さのせいでそれが散漫になっていた。

マニュアルでピントを合わせなくても済むように、ニコンの18-200mmズームを持参する。チョウやバッタなどの大きな虫ならこのレンズでも十分だ。むしろ、こちらのほうが使いやすい。

土曜日のせいか、山頂の駐車場はいつになく混んでいた。ホテルの裏側にある散策路へ下りていく。道は雑草で覆われ、歩くたびにバッタが跳ねる。黄色い花の間をツマグロヒョウモンが飛び交っていた。

S080628n_016te
ツマグロヒョウモン
S080628n_013te
アカアシホソバッタ

S080628n_032te
オキナワクワゾウムシ

途中に何箇所かある、木が伐採された場所で樹海の眺めを楽しみながら散策路をぐるっと巡り、ホテルへ戻る道にはいる。しばらく進むと行き止まりになっていた。道路脇の倉庫には廃品が散在している。中を覗こうとすると、倉庫番のようなクモが行く手を阻んだ。

S080628n_035te
サルの顔のようにも見えるユーモラスなクモ

チョウの種類はイマイチだった。でも、オートフォーカスでサクサク撮れるので気分がいい。手振れ防止機能も効果的だった。

今日の活躍でタムロンに奪われていた主役の座をふたたび射止めたニコンの高倍率ズーム。ただし、夏季限定という条件付きかもしれないが・・・。

|

« 捨てられる花たち | トップページ | 夏の夜の憂鬱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 捨てられる花たち | トップページ | 夏の夜の憂鬱 »