« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月26日 (土)

名護夏まつり 2008

今年も7月最後の週末に名護夏まつりが開催される。イベントもいくつか行われるようだが、夏まつりといえばやはり花火。今年は去年と違う場所で撮ることにした。

選んだ場所は夏まつり会場の名護漁港の一角。打ち上げ時間の直前でも場所の確保は楽勝だった。

三脚を使用したほうがいいのだが、面倒なので今年も手持ちでいく。待つほどもなく、打ち上げを知らせるカウントダウンが聞こえてきた。

S080726n_003e
S080726n_020ee
S080726n_018e

最後のまとめ打ちは迫力満点。花火を撮り終えて会場内をぶらぶらしているとスコールのような雨が降ってきた。花火の最中でなくて本当によかった。

| | コメント (0)

2008年7月23日 (水)

怠惰と多忙のあいだ

13万円。沖縄へ移住してまもない頃に試算した生活費の月額である。

ケチって耐乏生活を送るつもりはなかった。倹約を心がけつつも、充実した毎日を送るために必要なカネは惜しまない。そんなポリシーで見積もった金額だった。

沖縄暮らしもすでに1年半になる。生活費に関してはこの試算額から大きく外れることはなかった。それが可能だったのは、扶養家族のいない一人暮らしであることが大きい。加えて、外ではほとんど酒を飲まないことも挙げられる。目立つ出費といえば、ネットの通販でたまに衝動買いするくらいか。

仮に毎月の生活費を15万としても、年収が200万あれば暮らしていけることになる(老後のための貯金は抜きにして・・・)。だったらそんなに働く必要もないと思い、ここ2、3カ月は怠惰な日々を過ごしてきた。

問題は、それがかならずしも快適ではなかったこと。仕事以外にやりたいことは山ほどあると思っていたが、あり余る時間のなかでは好きなこともしだいに色褪せてくる。閉じ込められているときは広い空間を駆けめぐりたいと思っても、じっさいに解き放たれると茫漠とした空間を走ることに疲れてしまう。

ほどほどに働いて必要な生活費プラスαを稼ぎ、好きなことをする十分な時間も確保する。当たり前ともいえるそんな生活も実現するのはなかなか難しい。怠惰と多忙のあいだで心地よい居場所を見つけることが今後のテーマとなりそうだ。

S080723n_051te

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日)

夏の夜の憂鬱

これも夏バテなのだろうか、胃の具合がどうもよくない。胃の痛みで朝まで眠れないこともあった。そのうち医者に行こうと思いながらタイミングを逃している。

夕方、気分転換に海辺の公園を散歩する。夏なのでビーチで泳ぐ人もいた。ビーチバレーに熱中して喚声をあげる若者もいる。

沖縄へ来て2回目の夏を迎えるというのに、一度もビーチで泳いでいないことに気がついた。釣りもシーカヤックもしていない。五十肩がその原因ではあるのだが。

沖縄に来てしていることといえば写真を撮ることくらい。今日も海辺をぶらつきながらとりとめなくシャッターを押す。

S080713nc_001tee
S080713nc_006teee

歩きまわっているうちに日が暮れていた。風がないため海は穏やかだった。鏡のような海面に街の明かりが映っていた。

Sdscn0974te
S080713nc_013e

うちに帰ってシャワーを浴びてビールを飲みたい。でも、炭酸って胃に悪いんだよなぁ。

* 昆虫のマクロ撮影を対象にした写真主体のブログを別途立ち上げました。今後、「ネイチャーマクロ」に分類される記事は以下のブログで扱います。
片隅のフロンティア
「ネイチャーマクロ」以外のネタは引き続きこのブログで扱いますが、更新頻度はこれまで以上に落ちるかも・・・。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »