« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月20日 (水)

リトルニコン

デジカメの世界は日進月歩。愛用しているNikon D50もスペック的には古くなった。が、ホールド感が良く、画質も優れているので手放す気にはなれない。

一方、タムロンのマクロレンズが戦列に加わり、それまでメインだったニコンの高倍率ズームと併せて2本体制となったため、マクロ専用の一眼レフが欲しくなってきた。

マニュアルでのピント合わせを考えると、ファインダーの優れたNikon D80かその後継機が望ましい。ただ、D80は高感度がイマイチ。後継機では改善されるだろうが発売後しばらくは値段が高い。手が届く価格になるまでしばらく待つことになるだろう。

それでもいいかと思っていたら、価格.comでNikon D40のレンズキットが4万円を切っている。このレンズキットの標準ズームは値段のわりに写りがいいと評判だ。手元にあるシグマの標準ズームもコストパフォーマンスは高い。でも、逆光でフレアが出やすいという欠点がある。

D40にも魅力を感じていた。小型軽量で高感度に強く、画質も優れているとか。610万画素だが印刷せずにパソコンのモニタで見るだけなので十分、むしろ望ましい。

スペック的にも及第点。D50と比べるとファインダー倍率は0.75倍から0.8倍へ、液晶は2インチから2.5インチへとそれぞれアップしている。検討のすえ、タムロン用にD40を購入することにした。だって安いんだもん。

今日の午前中に届く。午後、タムロンの272Eを装着して近くの公園へ。ワクワクするぜ。

小型軽量化のせいでホールド感はイマイチ。液晶はD40のほうが大きくて見やすい。慣れの問題もあるが、上部に液晶パネルがあるD50のほうが操作性はよい。マニュアルでのピント合わせはD40に軍配か。D50と比べてプラス面とマイナス面が交錯している感じ。

Sdsc_0092ee
S080820d4_014tee 
Sdsc_0292te 

今回の撮影では全体に露出がオーバー気味でマイナスの露出補正を必要とした。こうしたカメラの癖は使い込むうちに明らかになり、自然に対応できるようになるだろう。

こうしてデジイチのラインナップに"リトルニコン"が加わった。キットレンズの標準ズームも早く試してみたい。

| | コメント (0)

2008年8月19日 (火)

Hot & Cool

内地と沖縄では気候が大きく違う。亜熱帯の沖縄では冬の気温が内地よりも10度以上高いことが多い。その一方で夏は長く日差しも強い。

移住する前に、気象庁の気温データに基づいて沖縄での暮らしを「暑期」と「涼期」に分けてみた。11月から4月までは「涼期」、5月から10月までは「暑期」である。そして、暑くて家に閉じこもらざるを得ない「暑期」は仕事に励み、気温が下がる「涼期」には釣りやシーカヤック、山歩きなどのアウトドアを楽しむという「極楽年間計画」を立てた。

じっさいに暮らしてみると、ミーニシ(北東の季節風)が吹き始める10月中旬から梅雨入りの5月中旬までがぎりぎり「涼期」という感じ。問題は「極楽年間計画」だ。1年を二分割して仕事と遊びで塗り分けることはできたのか。

答えはノー。当然ながら、こちらの思惑どおりに仕事の依頼は発生しない。そして、不安定な自由業にとってまとまった量の仕事は外せない。大きな仕事=かきいれどきなのだ。

ここまでは想定内のこと。想定外だったのは、釣りやシーカヤックとは無縁のまま1年半以上過ぎてしまったことだ。代わりに、沖縄へ来てから昆虫のマクロ写真にハマることになった。

暖かい沖縄では冬でも虫の姿を目にするが、虫の活動が盛んなのはやはり夏。今年の夏には、マクロレンズ付きの一眼レフを持って炎天下の屋外に繰り出すようになった。それを可能にしたのがクルマ。移住当初のように交通手段がバスと自転車に限られていたら、昼間外出する気にはなれなかったと思う。

「暑期」にも遊びの場が広がったのは嬉しいかぎり。一方、仕事の依頼は減っている。このままでは1年が遊び一色で塗り込められるような気がしてすこし嬉しい不安かも・・・。

S080714n_001tte

| | コメント (0)

2008年8月 3日 (日)

「さよなら・今日は」

昔観たドラマの主題歌が頭に浮かぶことがある。ドラマの名前も歌のタイトルもわからない。憶えているのは、その曲が哀愁を帯びた美しい笛の旋律で始まることだけ。

ドラマの細かい内容も憶えていない。ただ、何人かの出演者は記憶に残っていた。山口崇、栗田ひろみ、大原麗子・・・緒方拳も出ていたような気がする。

中学生の頃に放映されたドラマだった。30年以上も昔のことだ。ときおり頭をよぎるメロディの断片に耳を澄ませるしかない。その曲をもう一度聴くことなど適わぬ夢だと諦めていた。

先日、緒方拳主演の「帽子」というドラマを観た。トシをとっても相変わらずいい役者だなぁと感心し、Wikipediaで彼の出演作を調べていたら、「さよなら・今日は」というドラマのタイトルが目にとまった。コレってもしかしてアレじゃない?

速攻でググるとYouTubeの"朝倉理恵-さよなら、今日は"がヒットする。そのページにさっそくジャンプ。と、耳になつかしく響く、透明感のある女性の歌声が聞こえてきた。ドラマ「さよなら・今日は」の挿入歌だった。

胸が高鳴るのを感じた。同じページに関連動画の一覧がある。主題歌もあるかもしれない。"まがじん-愛の伝説"をクリックする。ひと呼吸おいて、記憶になじんだ笛のメロディが流れてきた・・・。

こうして、幻の主題歌はまがじんの「愛の伝説」であることが判明した(この曲を収録したCDも入手可能)。ちなみにこの「さよなら・今日は」、日本テレビ開局20周年記念番組だったそうで、俳優陣、執筆陣ともに超豪華。DVDがあるならぜひ観たいけど、現時点でないということはもう出ないんだろうなぁ・・・残念!

S080802n_003e

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »