« Hot & Cool | トップページ | 青年エイサー祭り »

2008年8月20日 (水)

リトルニコン

デジカメの世界は日進月歩。愛用しているNikon D50もスペック的には古くなった。が、ホールド感が良く、画質も優れているので手放す気にはなれない。

一方、タムロンのマクロレンズが戦列に加わり、それまでメインだったニコンの高倍率ズームと併せて2本体制となったため、マクロ専用の一眼レフが欲しくなってきた。

マニュアルでのピント合わせを考えると、ファインダーの優れたNikon D80かその後継機が望ましい。ただ、D80は高感度がイマイチ。後継機では改善されるだろうが発売後しばらくは値段が高い。手が届く価格になるまでしばらく待つことになるだろう。

それでもいいかと思っていたら、価格.comでNikon D40のレンズキットが4万円を切っている。このレンズキットの標準ズームは値段のわりに写りがいいと評判だ。手元にあるシグマの標準ズームもコストパフォーマンスは高い。でも、逆光でフレアが出やすいという欠点がある。

D40にも魅力を感じていた。小型軽量で高感度に強く、画質も優れているとか。610万画素だが印刷せずにパソコンのモニタで見るだけなので十分、むしろ望ましい。

スペック的にも及第点。D50と比べるとファインダー倍率は0.75倍から0.8倍へ、液晶は2インチから2.5インチへとそれぞれアップしている。検討のすえ、タムロン用にD40を購入することにした。だって安いんだもん。

今日の午前中に届く。午後、タムロンの272Eを装着して近くの公園へ。ワクワクするぜ。

小型軽量化のせいでホールド感はイマイチ。液晶はD40のほうが大きくて見やすい。慣れの問題もあるが、上部に液晶パネルがあるD50のほうが操作性はよい。マニュアルでのピント合わせはD40に軍配か。D50と比べてプラス面とマイナス面が交錯している感じ。

Sdsc_0092ee
S080820d4_014tee 
Sdsc_0292te 

今回の撮影では全体に露出がオーバー気味でマイナスの露出補正を必要とした。こうしたカメラの癖は使い込むうちに明らかになり、自然に対応できるようになるだろう。

こうしてデジイチのラインナップに"リトルニコン"が加わった。キットレンズの標準ズームも早く試してみたい。

|

« Hot & Cool | トップページ | 青年エイサー祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Hot & Cool | トップページ | 青年エイサー祭り »