« 神の啓示 | トップページ | シーカヤッカーへの道 »

2008年10月20日 (月)

まったりとストレスフル

高脂血症&動脈硬化。五十の坂を越えたとたん、成人病が津波のように襲いかかってきた。毎日の生活に支障があるわけではない。かといって放っておくわけにもいかない。どげんかせんといかんという感じ。

今回の結果が片寄った食事と運動不足に起因していることは間違いなかった。が、もうひとつ重大な要因が潜んでいるような気がした。ストレスである。

以前胃痛で医者にかかったときと同様に、今回も診療所でストレスの有無を聞かれた。仕事量も減ったし、綺麗な海を見ながらまったりと暮らしている。ストレスなどあるはずがない。前回同様に「ないと思う」と答えた。

しかし、毎日の生活に目を向けると、ささいなことでムカつくことが多い。犬の吠え声や周囲の騒音にイラつくこともあれば、不愉快なことを思い出して「嫌だよぅ」と独りごちることもある。「嫌だよぅ」という口癖は、ストレスにまみれていることの証明にほかならないのかもしれない。

満員電車に揺られて都会の職場に通勤していた頃は、沖縄できれいな海を眺めながらノンビリ暮らせばストレスとは無縁な生活を送れるだろうと考えていた。しかし、そこで生活が営まれる以上、怒りや悩みの種はどこへ行っても尽きることがない。ある種の人間にとっては生きること=ストレスなのだ。

食事と運動については対策を考えた。問題はストレス。プラス思考で毎日を過ごし、不快な感情が脳に湧くのを抑えればよいのだが、頭で考えるほど簡単にはいかない。

結局、楽しく過ごす時間を増やして不快な感情を塗り込めていくしかないのかも・・・。現在、そのための準備を始めている。あれこれ購入するハメになり、ハデに散財することになりそうだ。嫌だよぅ。

S081004nc_003e

|

« 神の啓示 | トップページ | シーカヤッカーへの道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神の啓示 | トップページ | シーカヤッカーへの道 »