« 初チン、ゲット | トップページ | フライパンで焼き魚 »

2008年11月30日 (日)

塩屋湾を漕ぐ

雨に塗りこめられたカヤックの初航海。翌日、カヤックに空気を入れてベランダで干す。気がつくと船体の片側にシワが寄っている。空気が漏れているらしい。点検すると船体に小さな穴が空いていた。

インフレータブル・カヤックなので穴があく危険は認識していた。けど、ちょっと早すぎ(笑)。数分しか漕いでないつーの。

付属のリペアキットを使ってパッチをあてる。1日おいて空気を入れてみた。大丈夫のようだった。

カヤックの補修が済むと、ココロは次の航海へと向かっていた。天気がよい日にしかるべき場所で漕げば印象も変わるかもしれない。

冬の沖縄は北風が強い。インフレータブル・カヤックは風に弱いので慎重に場所を選ぶ必要がある。

そこで塩屋湾にターゲットを定めた。山に囲まれているため、風の影響を受けにくい。湾の奥なら安全にカヤックを楽しめそうだ。

塩屋湾の周囲をクルマでざっと一周し、湾の最奥部にカヤックを漕ぎ出せそうな場所を見つける。今回は前回よりも前寄りにシートの位置をセットした。フローティングベストを身につけてカヤックに乗り込む。

岸からしばらく遠浅だったが、沖へ漕ぎ進むにしたがって水の色が濃い緑色に変わっていく。樹木に覆われた山に囲まれて、海というより湖の雰囲気。

S081130c_010e
S081130c_013e

穏やかに晴れて絶好のパドリング日和だった。ぎこちなかったパドルさばきも徐々に慣れてきた。ブレード(パドルの水かき)を水面からあまり深く入れずに漕ぐと直進性が増すみたい。パドルのシャフトがカヤックの船体に当たる問題は、尻にクッションを敷いて体の位置を高くすれば改善できそうだった。

疲れると漕ぐのをやめて海面をしばし浮遊する。プカプカ浮かぶ感触を楽しむ道具としてみれば、安価なインフレータブル・カヤックも悪くない。時間をかけて湾を半周して岸へ戻ると、潮が引いていた。漕ぎ出した場所のかなり手前でカヤックを持ち上げて運ぶハメに・・・。

今回の航海を通じて、風の弱い日に塩屋湾や羽地内海などの内湾なら使えそうという印象を受けた。ただ、帰宅後に再度膨らませて行う潮抜き(真水による洗浄)と乾燥がめんどい。アパートのベランダ(最上階)でやるため、水の使用に気をつかうし。

釣りのために購入したインフレータブル・カヤック。だが、釣り道具+カヤック一式の後始末と釣った魚の処理を併せて行うことを考えると気が重くなってきた。

羽地内海には手漕ぎの貸しボートもあるらしい。釣りのポイントは限られるだろうが、もろもろの手間を考えるとそのほうがラクかも。なによりも、釣り針で船体に穴が空くという恐怖から逃れられる。

|

« 初チン、ゲット | トップページ | フライパンで焼き魚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初チン、ゲット | トップページ | フライパンで焼き魚 »