« ジュゴンの見える丘 | トップページ | ジュゴンの見える丘Ⅱ »

2009年2月21日 (土)

石川岳に登る

山と渓谷社の「沖縄県の山」で紹介されている沖縄本島の山でまだ登っていない山があった。うるま市と恩納村の境界にある石川岳だ。沖縄本島がもっとも狭くなっているエリアに位置している。標高は204メートル。ほとんど丘陵のレベルだが、複数の登山コースが整備されていて楽しめそうだ。

登山コースは石川少年自然の家が起点となっている。今回はそのすこし先にある石川市民の森公園をスタート地点に選んだ。

舗装された遊歩道を数分歩くと「城の展望台」に着く。上まで登ると沖縄本島がキュッとくびれている一帯が見渡せた。東シナ海と太平洋がひとつの視野に収まる光景は新鮮だった。

ここから山に入る登山道が延びている。左側は開けた斜面になっていた。木々の緑が目に心地よい。早くも山登りモード全開という感じ。

ほどなく分岐点につく。石川岳にはA、B、Cの3つの登山コースがあり、少年自然の家を起点にしてそれぞれ右回りで周遊する。今回は、Cコース(約3km)を左回り(反時計回り)で歩いてみることにした。

稜線上の道をしばらく行くと分岐がある。右へ折れると道は下りになった。傾斜が急になったあたりで「無言の坂」という標識を見つける。きつい登りで会話も途絶えて黙々と足を運ぶということなのか。

さらに進むと、沢に向かって急斜面を下りていく。道沿いにはロープが張られていた。下りきったところが「友愛の池」。ここから沢登りコースが始まる。

S090221d4_22e
S090221d4_18e
最初の関門の「岩越の滝」。岩の脇にはロープが張られている。

小さな滝を越えればあとはラク。この日は水も少なく、靴を濡らさずに石の上を歩くことができた。周囲の景観を楽しみながらの快適な沢歩き。

S090221d4_28e
S090221d4_39e
S090221d4_55e

沢から離れて道は登りになる。まもなく「ターザン広場」に到着。ネーミングどおり、ターザンごっこ用のロープが木に結ばれている。

S090221d4_58e

ここでBコースと合流する。道はゆるやかな登り坂。周囲はしだいに深山の様相を帯びてきた。二百メートルの丘陵地帯とは思えない。「原始の森」という標識が目にはいる。

S090221d4_62e
S090221d4_65e

道は徐々に高度を上げて稜線にでる。ところどころで視界が開け、金武湾とうるま市の街並みが見わたせた。

最短コースのAコースとも合流し、「息切れの坂」にさしかかる。急斜面なので慎重に足を運ぶ。ここは登りのほうが歩きやすいかも。

坂を下りきって沢にかかる橋を渡る。幅のある未舗装の道にでた。左に進むと少年自然の家。右に進んで石川岳山頂を目指す。道は細くなり、樹林のなかを登っていく。前方にやぐらのようなものが見えてきた。石川岳の山頂だった。

S090221d4_77e
S090221d4_79e
恩納岳方面の眺望
S090221d4_81e
金武湾とうるま市の街並み

山頂から数分下ると「城の展望台」への分岐点に着いた。これでCコースを一周したことになる。写真を撮りながら歩いたせいもあるが、すでに2時間半が経過していた。

石川岳のCコースは変化に富み、予想以上に歩き甲斐のあるコースだった。沖縄の山は標高からは語れないと改めて感じた。

|

« ジュゴンの見える丘 | トップページ | ジュゴンの見える丘Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジュゴンの見える丘 | トップページ | ジュゴンの見える丘Ⅱ »