« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月27日 (月)

那覇を歩く

那覇に大型書店のジュンク堂がオープンしたらしい。内地にいた頃は東京・新宿にある店舗をときどき利用していた。棚のレイアウトが落ちついた感じで、ベンチに座って本を読むこともできた。書店というより図書館を想わせる雰囲気。そのジュンク堂が那覇に出来たという。これは行かねばなるまい。

久しぶりの那覇。明るい日差しを浴びてライトブルーに輝く海をチラチラ眺めながら、いつものように58号を南恩納まで行き、屋嘉のインターで高速に乗る。那覇ICへは向かわずに那覇空港まで行き、その駐車場にクルマを停めてモノレールで那覇の街へ。少々遠回りになるが、那覇の街中を運転しなくてもすむ方法を考えていたらこのルートに落ちついた。

ジュンク堂はモノレールの美栄橋駅のすぐ近くにあった。隣接して有料の駐車場もある。本の売り場は1~3階。噂どおりなかなかの品揃えだった。手にとった本をベンチに座ってじっくり品定めできるのがいい。これが特に有効なのが、欲しくても高価なためになかなか買う決断がつかない専門書などの場合。ネット通販では得られない、リアル店舗ならではのメリットを感じた。

S090427nc_11e

仕事関係の本を数冊買い込んでホクホクしながらジュンク堂をあとにする。ベンチもあるので、その気になればいくらでも長居できそうな感じだったが、そこは久しぶりの那覇。街歩きも楽しみたい。とりあえず国際通りへ足を向ける。

目指したのはOPAの6階にあるタワーレコード。昔、新宿のタワレコではジャズの新譜をよく試聴したものだ。そのジャズの試聴コーナーへ向かう。ヤロン・ヘルマンというイスラエルのピアニストのCDがなかなか良かった。迷ったが結局買わずに出る。

見晴らしの良い公園を通って桜坂劇場へ向かう。歩きながらCDを買わなかったことを後悔していた。桜坂劇場は公園に隣接した坂の上にあった。ミニシアター風の映画館だが、上映プログラムがすごい。通好みの映画がぎっしりテンコ盛りという感じなのだ。館内にはカフェもあり、映画の余韻に浸りながらコーヒーも飲める。

今回は特に観たい映画がなかったので、映画のチラシだけもらって引き返す。だいぶ日も傾いてきた。晴れてはいるが、北風がつよくて寒い。最後に国際通りのスターバックスでコーヒーブレイク。

S090427nc_15e_2

座り読みができる大型書店、ジャズの新譜を試聴できるレコード店、通好みのミニシアター、そしてテラス席のあるカフェ。自分にとっての都会のエッセンスを摘み食いした那覇の一日だった。

自分の足で気が向くままに街を歩くことは楽しい。デジカメの魅力的な被写体との出会いもある。クルマなんていっそのこと手放して、デイパック姿のシティウォーカーに舞い戻るのもいいかもしれない。名護までの帰りのルートを考えながら、そんな想いが頭のなかで交錯していた。

S090427nc_12e

| | コメント (0)

2009年4月24日 (金)

うりずんの風

久しぶりのデジカメ散歩。天気はイマイチだが、歩きまわるには曇っているほうがラクでいい。今日の相棒はNikon D50+18-200mmズーム。前回の「かぐや姫」で高倍率ズームの楽しさに再度目覚めたような気がする。

外にでると風が強い。湿気を帯びたぬぁ~っとした南の風。暑くも寒くもない気温だったので、その湿気を帯びた風が心地よかった。家で仕事をしているときは不快に感じることが多いのだが。

最初に向かったのはヒマワリ畑。58号沿いのその一画にはヒマワリのほかにも季節ごとにいろいろな花が植えられている。散歩に出るとちょっと寄り道したくなる場所だった。

  S090424d5_12e

ヒマワリはピークを過ぎていたらしい。萎んだ花が多くて華やかさに欠けていた。つづいて近くの21世紀の森公園へ向かう。

海辺に出ると右側のビーチに子供がたくさんいた。学校の課外授業なのかもしれない。左側のビーチは立入禁止になっていた。2台のブルドーザーが砂浜を整地している。

Sdsc_0081ee
S090424d5_19e

海へ突き出た小島を歩いた。「ホテルゆがふいんおきなわ」に別館が出来たので、目に映るビーチの景色はすこし変わっていた。

いつもの黒い猫が前を横切る。高校生が集団で石の上に座っている。ジョギングで汗を流す人もいた。どれも目に馴染んだ光景だった。

それでも、潮風を浴びてここを歩くときに感じる開放感は色褪せることがなかった。この開放感を高倍率ズームで捉えてみたい。そう思ってあれこれ試してみたけれど、ファインダーに映るのは行きかうブルドーザーとエサを求めて動きまわる猫の姿だけだった。

S090424d5_34e
S090424d5_30

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

薔薇と秋桜の休日

久しぶりの休日。午後、クルマで名護市の東海岸へ向かう。しばらく名護の市街地から出ていなかったような気がする。

天気は上々。新緑がきれいな羽地ダムを経由して大浦湾へ。お墓の近くに車がたくさん停まっている。そういえば清明祭(沖縄の墓参り)の季節だっけ。

今日の目的地は「沖縄かぐや姫」。花をテーマにした公園らしい。慶佐次のヒルギ林を越えてすこし行った高台にある。

入園料500円を払って園内へ。すこし歩くとバラ園がある。赤、白、黄、ピンクと色のバリエーションも豊か。インパクトがあるのはやはり真紅のバラだった。

S090412d5_07e
S090412d5_20e
S090412d5_23e

久しぶりにニコンD50+18-200mmズームで写真を撮る。ニコンD40+標準ズームと比べると重くてかさばるが、表現の幅が広がるし、ホールド感もいい。歩くにつれてズームがビローンと伸びるのは困りものだが。

今はバラとコスモスが見頃らしい。バラ園をあとにコスモス畑へ向かう。有銘湾を見下ろす眺めのよい場所にコスモス畑が広がっていた。

S090412d5_56e
S090412d5_63ee
S090412d5_66e

コスモスのあとは芝生広場でクレオメを観賞。その一帯にはマーガレットなどの花も植えられていた。すこし先には宿泊用のコテージも見える。

S090412d5_79e
S090412d5_81e

写真を撮っていると時間が経つのが速い。すでに5時半をまわっていた。家に帰ってパソコン画面で早く写真を眺めてみたい。久しぶりにそんな想いにとらわれていた。

S090412d5_18ee_2

| | コメント (0)

2009年4月 6日 (月)

スロトレその後

ここしばらく仕事漬けの日々が続いている。不況下で仕事があるのは有り難いことなのだが、アウトドアに最適な時期に家に籠もりっきりというのはちょっと辛い。最近は夕方の散歩も滞りがち。夕食はコンビニ弁当という日も増えてきた。再び高コレステロールへの道に足を踏み入れつつあるような気がする。

それでも、スロトレ(スロートレーニング)は続けていた。1日10分、週2~3回なら楽勝だと最初は思った。週2回では不十分だから週3回やろうと思った。1カ月過ぎたらトレーニングのセット数を増やすことも考えていた。

実際は週2回でも頑張ってなんとかギリギリという感じ。週1回でお茶を濁したこともある。その場合は、翌週に必ず2回やって挽回を図ったりもしたのだが。

気がつくと、スロトレを開始して3カ月経っていた。トレーニングの頻度は十分とはいえなかった。1回あたりの時間もせいぜい15分。それでも効果は現れていた。

洗面所の鏡に映る自分の姿が以前と違う。全体に締まってきているのがわかった。やはり、継続は力なり。今後は、週2回の頻度をいかに定着させていくか。

問題は、夜のコンビニ弁当だ。失われつつある「野菜+魚中心」の食生活を復活させ、維持していかなければならない。それにはスロトレ以上のエネルギーが必要かも。メニューも考えなきゃダメだし、なんせ週7回のことだから。

  S090219nc_07ee_2

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »