« 羽地ダム鯉のぼり祭り | トップページ | 図書館の悦楽 »

2009年5月 6日 (水)

県民の森へ

ゴールデンウィークの最終日。読みかけの本を携えて恩納村の県民の森へ向かう。潮風を浴びながら海辺のドライブを楽しんでいると、ほどなく県民の森の標識が見えてきた。

前回来たときは昆虫のマクロ撮影が目的だった。今回は読書+遊歩道の散策。デジカメ散歩用にNikon D40+標準ズームも持参した。

入口からほど近い駐車場はガラガラだった。が、香ばしいニオイがする。近くにある養豚場から風で運ばれてくるらしい。

園内の道をさらに進み、道路脇の駐車スペースに車を停める。その先はキャンプ場だった。傍らの道をクルマが頻繁に通り過ぎていく。

クルマのシートで1時間ほど本を読む。日陰なので涼しく、窓から吹き込む風が心地よい。目をつぶると眠気がおそってきた。しかし、読書の後はデジカメ散歩が待っている。

キャンプ場に向かって進むと分岐があり、「渓谷コース」のサインが見えた。渓谷コースの出口へ向かう道らしい。10分ほど歩くと左側に駐車スペースがある。右側には沢へ下る階段状の道が延びていた。

道を下りきると、そこは以前歩いた渓谷コースの終着点だった。写真を撮りながら沢沿いの道を歩いていく。

S090506d4_17e
Sdsc_0463ee
Sdsc_0505e

途中で家族連れと何度かすれ違った。ふだんは人通りが少ない遊歩道が賑わいをみせていた。

5月の連休も今日で終わる。過ぎてしまえばあっという間だった。本は思ったほど読めなかった。それでも、ゴールデンウィークをアウトドア読書で過ごしたことは正解だったと思う。歩きまわったり写真を撮ったりするのとはまた別の、新たな自然の効用に触れたような気がした。

Sdsc_0453e_2

|

« 羽地ダム鯉のぼり祭り | トップページ | 図書館の悦楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 羽地ダム鯉のぼり祭り | トップページ | 図書館の悦楽 »