« 那覇を歩く | トップページ | 羽地ダム鯉のぼり祭り »

2009年5月 2日 (土)

アウトドア読書

今年も5月の連休がやってきた。沖縄で迎える3回目のゴールデンウィーク。観光地は人であふれ、地元民+わナンバーのクルマで道路は混雑する。

どう過ごしたらよいのやら・・・というのが正直な気持ちだった。観光スポットではイベントが盛り沢山らしい。でも、この時期にわざわざ混み合う場所へ行く気にはなれない。那覇ハーリー(サバニと呼ばれる伝統漁船を使ったレース)にはちょっと心惹かれたけれど、道路や駐車場が激しく混みそうだった。

仕事に追われていた4月中は、ヒマになったら本を読もうと思っていた。時間がとれず、amazonで買った本が何冊も放置されていた。読書三昧のゴールデンウィークも悪くはないかも。

その一方で、家にこもりきりというのは寂しい気がした。ここ数日は北風の日が多く、晴れてもカラッとして過ごしやすい。連休が明けたらほどなく梅雨に入り、それが明けると炎暑の夏が待っている。今はアウトドアを楽しめる最後の季節かもしれない。

そこでクルマを利用した読書を思いついた。読みたい本2~3冊とiPodを持って名護岳山麓の公園へ向かう。静かでロケーションのよい駐車場にクルマを停め、窓を全開にし、めいっぱい倒した助手席のシートで本を読む。

読書に飽きたら近くをぶらぶら散歩する。連休のわりには人がすくなかった。歩き疲れたら読書再開。目が活字を追うのに疲れたら、ヘッドホンでiPodを聴く。その場所に飽きたらクルマでほかの駐車場へ。

S090502d4_07e
S090502d4_10e

公園の駐車場でアウトドア気分で読書を楽しめるのも名護ならではかもしれない。全開にしたクルマの窓を吹きぬける風が心地よく感じられる季節もあとわずかだ。本棚に山積みになった本を頭に描きながら、今月中にあの本をアウトドアで全部読めるだろうかと考えていた。

S090502d4_08e

|

« 那覇を歩く | トップページ | 羽地ダム鯉のぼり祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 那覇を歩く | トップページ | 羽地ダム鯉のぼり祭り »