« 図書館の悦楽 | トップページ | セミリタイアライフ再考 »

2009年5月15日 (金)

美ら海水族館(リベンジ編)

首里城と並んで沖縄の代表的な観光スポットである美ら海水族館。ジンベエザメやマンタが泳ぐ超弩級(世界最大級)の「黒潮の海」をはじめ、沖縄の海の魅力が濃縮された水槽を見てまわるのは楽しい。

しかし、年間パスポートを購入しても行ったのは2回だけだった。圧倒的なボリュームでお腹いっぱいになり、一度行くと当分いいやという気持ちになるのかもしれない。トンカツやステーキは旨いけど半年に一回食べれば十分みたいな・・・。

その一方で、高感度に強いNikon D40で写真を撮りに行きたいと思っていた。前回の撮影では動きの速い魚が被写体ブレでほぼ全滅だった。ISO1600まで実用になるD40ならシャッタースピードの点で有利だろう。

そんな折、来沖した友人を美ら海水族館へ案内することに。背中のデイパックにはD40+標準ズーム。果たしてリベンジなるか。

1年半ぶりに訪れた美ら海水族館。ゴールデンウィーク明けのせいか、金曜なのに比較的空いている。写真を撮るには好条件だった。

S090515d4_25e
S090515d4_40eee
S090515d4_50e
S090515d4_54e
S090515d4_58e
S090515d4_61e
S090515d4_81e
Sdsc_0040ee_2

うーん、やっぱり水族館は楽しい。デジカメの感度アップのせいで被写体ブレは明らかに減った。これを機にサカナの写真にハマるのも面白いかも。また年間パスポートを買って毎週通っちゃおうか。

「黒潮の海」の大水槽を行きかうサカナたちを眺めながらそんなことを考えていた。「深層の海」の見学を終えて出口へ向かう頃には満足感に包まれていた。ボリューム満点のトンカツを食べたあとのような、微かな胃もたれを伴う満足感だった。

S090515d4_70e

|

« 図書館の悦楽 | トップページ | セミリタイアライフ再考 »

コメント

いつも、楽しく拝見しています(文章も写真も)。

水族館、きれいに撮れていますね。スゴイです!

自分はどうしても上手く撮れないのですが、初心者でも直ぐ実践できる“コツ”みたいなものはありますか?

撮影モード・フラッシュの有無・ISO値・写りこみ防止テクニック等、よろしかったらご教授いただけますか。

投稿: ド素人 | 2009年5月23日 (土) 19時15分

はじめまして。コメント、ありがとうございます。水族館で撮った写真ですが、撮影データは以下のとおりです。よろしかったら参考にしてください。

撮影モード:シャッター優先オート
シャッタースピード:1/80~1/200秒
ISO感度:800または1600
フラッシュ: 不使用

写りこみはフラッシュの使用を避けることでほぼ防止できます。ISO値を800~1600まで上げればフラッシュなしでもそこそこ撮れると思います。あとは人が少ない時間帯に行くことですね。被写体をじっくり狙えるし、シャッターチャンスも増えるので・・・。美ら海の場合、午前中の早い時間帯と夕方4時以降が比較的空いているようです。

投稿: tokajar | 2009年5月24日 (日) 22時37分

アドヴァイス、ありがとうございます!

次回、チャレンジしてみます。

投稿: ド素人 | 2009年5月26日 (火) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 図書館の悦楽 | トップページ | セミリタイアライフ再考 »