« オン・ザ・ルーフ | トップページ | 大浦湾を漕ぐ »

2009年6月25日 (木)

羽地内海を漕ぐ

クルマのルーフに載せてスタンバイ状態となった愛艇のケイパー・アングラー。あとは海に浮かべる日を待つだけ。翌日と翌々日は風が強く、カヤック移動による筋肉痛もひどかった。風と筋肉痛が収まった今日、ついに初航海を迎えることに。

とりあえず近場の21世紀の森ビーチへ向かう。浜にでると向かい風でそこそこ波がある。すこし迷ったが、より条件の良さそうな羽地内海へ移動することにした。

昨年、インフレータブル・カヤックの初航海に臨んだ場所にクルマを停める。波はほとんどない。ルーフからカヤックを下ろしてシートその他を装着し、カメラや飲み物など必要なものを積み込む(ちなみに釣り道具はなし)。離岸したときのポカリと浮いた感覚がなんともいえない。

とりあえず沖に向かって漕いでいく。インフレータブル・カヤックと比べると、やはり安定感がある。シートの座り心地もよく、海面からの位置も思ったより高い。

S090625w6_02e
海水とカヤックの色がほとんど同じ。保護色か。

羽地内海の中央付近まで漕ぎ進めてしばし休憩。わずか1キロ程度の沖合に過ぎないが、陸ははるか彼方に遠ざかり、道をいく車が豆粒のように見える。海面をプカプカ漂う浮遊感がたまらない。そして、陸から遠く離れたことで得られる開放感!

海面が徐々に波立ってきた。風が出てきたようだ。出航場所に向かって戻り始める。向かい風のためになかなか進まない。バウ(船首)に波が当たり、バッシャン、バッシャンと音がして船体が揺れる。そのたびに波しぶきを浴びる。

向かい風で波があるときの直進性能はあまり高くなさそうだった。3.3メートルと全長が短いカヤックの構造上の限界なのかもしれない。

鬼漕ぎを続けているといつしか風は弱まり、陸の護岸が近づいてきた。行きに感じた心休まる喜びと開放感。帰りに感じた恐怖と切迫感。短い時間内での天国と地獄のような感覚の落差に驚くとともに、海がもつ二面性を改めて感じた。

陸を目前にすると、このままカヤックを降りるのが惜しくなってきた。そのまま東方向へと漕ぎ進める。仲尾次漁港の沖合にある堤防に沿って進み、さらに奥武島方面へ向かう。

S090625w6_04e

水深が浅い。海底の石が透けて見える。目の前に砂浜のある島が見えてきた。昼食と休憩を兼ねて上陸する。

S090625w6_08e
S090625w6_17e
S090625w6_18e

正面に屋我地大橋が見える。あの橋の向こうにはリーフの海が待っている。ちょっと行ってみたい気もしたけど、向かい風の恐怖を味わった後なのでおとなしく帰ることにした。

帰路もバッシャン、バッシャンの向かい風で苦労する。途中で風が弱まると気持ちも穏やかに。周囲の景色を楽しみながら出航場所までのんびりとパドリングを楽しむことができた。

短い艇はやはり場所を選ぶというのが今日の初航海での印象だった。羽地内海なら強い向かい風で戻れなくなっても対岸に上陸できる。そこでタクシーを呼び、人間だけ出航場所に戻ることもできるだろう。これが外洋だったらそうはいかない。対岸は中国だなんて考えるだけで恐ろしい。

羽地内海などの内湾、もしくはリーフ内がこのカヤックの主な活動場所になりそうだ。もうひとつの課題はパドル。パドルを良いものに変えることで速度アップや疲労の軽減が見込めるという。

そんなわけで、気がついたら4万円のパドルをインターネットで予約していた。カヤックが来てからというもの、すごい勢いでカネがバッシャン、バッシャンと砕け散っていく。嗚呼・・・。

|

« オン・ザ・ルーフ | トップページ | 大浦湾を漕ぐ »

コメント

透明度の高いところで、リーフの撮影なんかもできるのでしょうか?フェリーで離島まで足を延ばすこともできそうですね。

くれぐれも潮に流されて拿捕されることのないようにしてください。

投稿: 中等遊民 | 2009年6月26日 (金) 21時10分

今回使用した防水デジカメは水深4メートルまでOKなので、リーフも撮影できると思います。どの程度写るのかは試してみないとわかりませんが・・・。予約したパドルが届くまではチョイ乗りに徹しようと思っています。陸からの風が強いとマジで戻れなくなりそうなので (^_^;

投稿: tokajar | 2009年6月27日 (土) 18時05分

はじめまして。
楽しそうですね。
教えてほしいのですが、羽地内海でカナディアンカヌーってきびしいでしょうか?
妻(エンジン1号)と愛犬を乗せたいのでカヤックではきついかなと考えているのですが。

投稿: みぞゆう | 2009年7月14日 (火) 23時11分

はじめまして。コメント、ありがとうございます。
私はカナディアンカヌーについてはよく知らないのですが、羽地内海であれば外洋に流される危険性がないので、比較的安全に漕げるのではないかと思います。
ただ、風が強いとそれなりに波は出ますが・・・。

投稿: tokajar | 2009年7月15日 (水) 00時07分

お返事ありがとうございます。
今度仕事で東京から名護に引っ越すのですんですよ。
先日カナディアンカヌーを体験したらはまってしまい、
なんとか沖縄でもできないかなーと思いまして。

ブログ参考になります。

投稿: みぞゆう | 2009年7月15日 (水) 10時20分

はじめまして。私も4年前にセミリタイヤして名護に移り、アパートで一人暮らしをしています。これまでに、ブログを参考にさせていただいて、大宜味、本部、勝山の周辺の山歩きの醍醐味を満喫してきました。
 今年は、カヌーフィッシングにチャレンジしようと、いろいろ調べているところですが、私の部屋も6階にあり、やはりカヌーの置き場所をどうするか悩ましいところです。どこか貸倉庫みたいなものがあればいいのですが、なにかいい考えでもありましたらお教え下さい。

投稿: じろう | 2011年4月25日 (月) 23時07分

はじめまして。コメント、ありがとうございます。
仰るとおり、集合住宅ではカヤック(カヌー)の置き場所が最大のネックになりますね。私が調べた限りでは、名護の周辺に月極めのカヤック艇庫は無いようでした。考えられる対策としては、アパートの駐車場に場所を確保できそうな場合は管理会社(大家)に相談してみる、クルマのルーフを保管場所にする(要紫外線対策)、カヤックの保管が可能な物件(一戸建てなど)に引っ越す、などでしょうか(ちなみに私は保管場所を求めて引っ越す道を選びました。保管場所その他に関して質問がある場合は、ブログの「プロフィール」のアドレス宛てにお気軽にメールしてください)。

投稿: tokajar | 2011年4月27日 (水) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オン・ザ・ルーフ | トップページ | 大浦湾を漕ぐ »