« 大浦湾を漕ぐ | トップページ | マンゴーの呪い »

2009年7月 7日 (火)

名護湾を漕ぐ

名護の21世紀の森ビーチを海から眺めてみたいと思っていた。散歩でよく訪れる勝手知ったる場所。海から見ると見慣れた景色がどのように映るのか。それを検証する機会がついにやってきた。

駐車場からビーチの波打ち際まですこし距離があった。ここで活躍したのがカヤック専門店から取り寄せたカヤック・キャリア。カヤックの排水口にベルトを通し、肩に掛けてカヤックを運ぶ。重いので肩が痛くなるが、手で持って運ぶよりはラク。

新しいカヤックによる航海も今日で3回目を迎えた。離岸する瞬間はいつもワクワクする。21世紀の森ビーチではその高揚感もひとしおだ。

定置網を迂回してひとまず沖へ向かい、南方向に進路をとる。向かい風なので波しぶきを浴びる。暑いので気持ちがいい。カヤックはやはり夏のスポーツだと思った。

S090707w6_05e
海から眺めた市民会館と下水処理場

名護の街並みを遠く眺めながら、世冨慶(よふけ)方面へ漕いでいく。晴れて日差しが強いので海の青が鮮やかに映える。パドルの操作にもだいぶ慣れてきた。リズミカルにパドルを漕ぐことに快感を覚えた。このままずっと漕ぎ続けていたいと思う。

21世紀の森ビーチを出航してから1時間ほど漕いで数久田(すくた)の沿岸に到着。水深が浅く底がくっきりと見える。防水デジカメで海中の写真を撮る。

S090707w6_13e
国道58号沿いの数久田の砂浜
S090707w6_18e
S090707w6_15e
白黒模様のウミヘビが写っている

帰りは追い風なので楽だった。行きに要した時間の半分くらいしかかからない。

S090707w6_09e
嘉津宇岳を主峰とする本部連山の山並み

ふだんは散歩で歩く21世紀の森ビーチの沖合をのんびりと漕いでまわる。砂浜ではいつものようにビーチバレーの熱戦が繰り広げられていた。遊歩道のある出島がテトラポットでできた要塞のようにみえる。

S090707w6_20e
S090707w6_21e

陸からたいして離れていないのに、海の波間に漂いながら見る景色はどこか現実離れしてみえる。そのホンワリとした眺めの揺らめきに、社会から浮遊した生活を送っている自分の心象風景をみる思いがした。

|

« 大浦湾を漕ぐ | トップページ | マンゴーの呪い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大浦湾を漕ぐ | トップページ | マンゴーの呪い »