« 雑魚釣りカヤック | トップページ | モノの寿命 »

2009年9月28日 (月)

タマンふたたび

沖縄での初めてのカヤックフィッシングの印象は強烈だった。短時間で良型のタマンが3匹! 沖縄の海はスゴイと思った。綺麗なだけではない、しっかり釣りも楽しめる。それもとびきりのファイターを相手に・・・。

それから早2カ月。全然ダメとは言わないまでも、パッとしない釣果が続いていた。なによりもタマンが釣れない。あの強烈な引きを一度味わってしまうと、ほかの魚が釣れてもイマイチ物足りない気がする。

ネットで注文したベイトリールとベイトロッドが先週届いていた。このタックルで早く釣りがしたい。相変わらず風が強い日が続くなか、じりじりしながら出漁の機会をうかがっていた。

Simgp0478e
ジリオンPEスペシャル100HL + オフブローOB-B60ハイブリッド

月曜は仕事の予定だった。が、ベランダに出ると風がよわい。午前中で仕事を切り上げて急遽海へ向かうことにした。

ワクワクしながら沖へ向かう。風がないので漕ぎやすい。水深15メートルを超えたあたりで釣りを開始。ダークブルーの海底へ30gの鯛ラバがスルスルと舞い降りていく。

初めて使用するベイトリール&ベイトロッドだが、手のひらに馴染んでいい感じ。鯛ラバ着底後のリーリングへの移行もスムーズに行える。

タックルは十分でも肝心のアタリがない。出艇したのが午後1時過ぎなので時間も限られている。新しい竿とリールでサカナの引きを味わってみたいのだが。

すこし風がでてきた。東寄りの風。海面がザワザワと波立ちはじめる。軽い鯛ラバが流されて斜めに沈んでいく。

着底後、ゆっくりリーリングしているとアタリ。ガッチリと掛かった。竿が弧を描き、リールから糸が引き出されていく。

最初はガーラかもしれないと思った。なかなか衰えないトルクのある引きに接しているうちに、その憶測は打ち消されていく。しぶとい抵抗のすえにやっと海面に姿を現したのは果たしてタマンだった。

Simgp0460ee
50センチ級のタマン。黄金色に光り輝いているように見えた。

新しいタックルで良型のタマン。今日はこの1匹でもうお腹いっぱいという感じだった。その後も釣りは続けたが、波がしだいに高くなり、雨も降ってきたので早めに切り上げることにした。

鯛ラバの本来の対象魚であるマダイは(養殖を除いて)沖縄にはいない。でも、沖縄にはタマンがいる。マダイのように引きが強く、美しいタマンが・・・。

|

« 雑魚釣りカヤック | トップページ | モノの寿命 »

コメント

ちょくちょく拝見させて頂いております。私はカナディアンカヌーですが名護に持ってきたので今度海デビューしてみようかと思ってます。ブログ参考に鯛ラバも仕入れて、波の少なそうな羽地内海を主戦場にやってみます。海の上で会えたら面白いですね。

投稿: みぞゆう | 2009年10月 9日 (金) 18時28分

みぞゆうさん、こんばんは。いよいよカナディアンカヌーで海デビューですか。楽しみですね!ちなみに、釣りはできませんが羽地ダムでもカヌーは漕げるみたいです。詳細は、羽地ダムのHP(http://www.nagonomachi.com/haneji/komen/komen01.htm)を参照してください。海では塩屋湾もオススメです。周りを山に囲まれているので羽地内海よりも波が穏やかです。それから鯛ラバは良型のタマンが釣れますが、アタリはワームのほうがずっと多いです。ともあれ、安全に気をつけて沖縄の海を満喫してください(本当に近いうちに海の上でお会いできそうですね!)。

投稿: tokajar | 2009年10月 9日 (金) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑魚釣りカヤック | トップページ | モノの寿命 »