« 物欲の海 | トップページ | タマンふたたび »

2009年9月20日 (日)

雑魚釣りカヤック

ここしばらく北寄りの風がつよい。ミーニシ(北東の季節風)の到来が近いことを感じさせる。気温が下がり、過ごしやすくなったのはいいけど、カヤックで海に出られないのがつらい。

いつでも漕ぎ出せるように荷造りして風が収まる日を待つ。気がついたら5連休に突入していた。内地からの観光客も加わり、海辺は賑わいそうだった。が、海に浮かびたいという欲求は爆発寸前。風が多少弱まった日曜日、海へ向かっていた。

出艇場所に着くと水上スキーの先客がいる。さすが"シルバーウィーク"。沖へ出れば釣りはできそうだったけど、落ち着かないので場所を変えることにした。

はじめての場所から出航する。風は強めだが許容範囲。ただ、シーアンカーの効きが悪い。風が強い日にはもっと直径の大きいものが必要かも。

例によって鯛ラバを投入。何投目かにアタリがあった。が、水面に顔を出したのはトゲトゲしいハリセンボン。

S090920w6_02e
見れば見るほど変なやつ。フィッシュクリッパーの有り難みを感じる。

釣りに熱中していると、風を受けてかなり沖まで流されていた。沖の海底は砂地で起伏も乏しい。鯛ラバを落としては巻くの繰り返し。長い沈黙がつづく。

岸の近くまでいったん漕ぎ戻り、イカの身エサで釣りを再開。アタリは多いがなかなか針がかりしない。サビキも試してみた。最後にはサビキ針にイカの切り身を付けたスペシャルメニューも登場。我ながら節操がなくてちょっと哀しい。

S090920w6_07e
S090920w6_08e
イカの身エサに食いついた小魚たち

早くも陽が西に傾いていた。ゲームオーバーの時間が近づいている。エサ釣りで小魚と遊ぶこともできたので、大物に期待をかけて鯛ラバを取りだす。カヤックフィッシングの初日にデカタマンを釣った隠し玉だ。

数投目に明確なアタリ。乗った。すんなり上がってきたのは小ぶりのミーバイ。つづいて大きなアタリ。今日はじめて竿先が海中に引きずり込まれる。引きは強いが重量感はあまりない。ほどなく姿を見せたのは亜熱帯版のカワハギ(?)だった。

S090920w6_10e
S090920w6_12e
形は内地のカワハギに似ているが、色がアレなので食欲は湧かない。

結局、大物とは無縁なまま一日が暮れた。今回はエサ釣りとサビキ釣りも試してみた。結論から言うともういいやという感じ。常に海面を漂っているカヤックにはルアー系の動きのある釣り方のほうが向いている気がする。疑似餌を操るほうがゲーム性も高く、釣り上げたときの満足感も大きい。

ともあれ、今日も海の上で贅沢な時間を過ごすことができた。パドルを漕ぐ楽しさは釣果に左右されない。それがカヤックフィッシングのいいところかも。

|

« 物欲の海 | トップページ | タマンふたたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 物欲の海 | トップページ | タマンふたたび »