« 優柔不断 | トップページ | 眺めのよい部屋 »

2009年10月30日 (金)

メンドクサイ病

若い頃、中年になった自分を想い描くことはほとんどなかった。それでも、トシとともに頭と体の機能が衰えていくことは漠然と理解していた。膝の関節が痛くなるとか、記憶力が悪くなるとか。

でも、中年になった自分がもっとも老いを意識する瞬間はべつにあった。いろんなことが面倒くさくなるのだ。対象は嫌なことばかりとは限らない。興味があることでも時間と労力がかかることには腰が引けてしまう。老いが極限まで進めば、生きること自体が面倒くさくなるのかもしれない。

メンドクサイ病が顕著なのは何か新しいことをやろうとするとき。最近の懸案事項に不要品の処分があった。デジカメや交換レンズ、ヘッドフォンなど市場価値があるものは現金化したい。

そこでYahoo!のオークションに出品することを思いついた。落札の経験はあるものの出品は初めてだ。なんとなく敷居が高い。商品の写真撮影のほか、梱包もしなければならない。ああ、メンドクセーと思う。それでも重い腰を上げて10点ほど出品した。

売上の合計は6万円強。それなりに手間はかかったが、資源の有効活用という点でも押入に埋もれているよりはずっとマシだった。購入後、2回乗っただけで粗大ゴミ扱いとなったインフレータブル・カヤックも新しいオーナーのもとで幸せな余生を送っていることだろう。

メンドクサイ病はココロの病だ。ああメンドクサイ・・・という思いを振り切ってアクションを起こせば消滅する。そして、没頭すればたいていのことは面白くなる。

この夏、毎週のように行ったカヤックフィッシングも実現するまでに2年以上かかった。カヤックの置き場所やメンテナンスなど、すべてがメンドクサイことに思えた。実際にアクションを起こすまでは・・・。

アンチエイジングのアプローチもさまざまだ。運動や食事、生活習慣も大事だと思う。一方、メンタル面で一番有効なのはメンドクサイ病の克服なのかも。所詮は生きること=メンドクサイことの連続なのだから。

S091027w6_14ee

|

« 優柔不断 | トップページ | 眺めのよい部屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 優柔不断 | トップページ | 眺めのよい部屋 »