« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

体組成測定

今週から12月。今年もあっという間の1年だった(まだ1カ月あるけど)。スロトレやスロジョギ、カヤックなど、今年になってから始めた活動も多い。2009年は自分にとって肉体回帰の年だった。

問題はその内容。1回15分で週2回なら楽勝のはずだったスロトレも予定どおりには実行できなかった。平均すると週1.5回くらいか。内容も標準コースを1セットのみで十分とはいえない。

中2日空けるという間隔がネックだったのかも。中途半端に時間が空くので忘れがちになる。毎日異なるトレーニングを1種目ずつやるほうが確実な気もする。

スロトレを継続するにはモチベーションが欠かせない。先日、ある健康関連の講座で体組成測定を行った。市の健診結果はいつもパッとしないのだが(今年も"要指導"だった)、体脂肪率、BMI、基礎代謝量などの体組成データは結構いい感じだった。筋肉率が36.6%と高めだったのもスロトレの成果かもしれない。

この体組成測定、トレーニングの成果が数値でハッキリわかるのでモチベーションの維持に役立ちそうだ。グラフ表示にすればトレーニングによる値の変化が一目瞭然。すこし高いけれど体組成計を買っちゃおうか。

スロトレとくれば次はスロジョギ。今年の7月に始めたものの、わずか3カ月で立ち消えてしまった。スロトレとスロジョギは車の両輪。こちらも再開しなければ・・・。

そんなわけで、秋冬用のジョギングウェアを買ってきた。上下セットで1980円とちょっと安すぎる気もしたけど、家で着てみるとサイズはピッタリ。さっそく、ひとっ走りしてきましょうね。

S091122d4_06e

| | コメント (0)

2009年11月27日 (金)

海に浮かぶシアワセ

風が強い日が続いている。涼しくなり、昼間でも外で快適に過ごせるようになった。海から山へアウトドアの対象を移す時期なのかもしれない。

それでも、カヤックでもっと遊びたいと思う。風さえなければ寒いというほどでもない。おまけに今はアオリイカのシーズン。カヤックでエギングも試してみたい。

天気予報の風速欄をチェックする。今日はイケると判断して準備にとりかかる。1カ月ぶりのカヤックフィッシング。何を着ていくかあれこれ迷いながら、気持ちはすでに波間を漂っていた。

出艇場所に着くと波はほとんどない。沖へ向かってパドルを漕いでいくときの高揚感。カヤックはやっぱりいいなぁと思う。

水深10メートルほどの浅場で釣りを開始する。鯛ラバの投入を何度か繰り返していると、ひったくるような強いアタリ。引きも結構つよい。小型のタマンかと思ったが、顔を見せたのは40センチ近いコバンヒメジだった。

S091127w6_03e

幸先のよいスタート。でも、例によって後がつづかない。鯛ラバを変えたり、ワームを使ったりといろいろ試してみたのだが。

それでも、海に浮かんでいるだけで気持ちよかった。風もさほど強くなく、強烈な日差しもない。寒くも暑くもない快適な日和に海に浮かぶことができるシアワセ。

S091127w6_11ee

その後、イシミーバイを1匹追加してからエギングに移行する。が、アタリはまったくない。餌木が軽くて流されやすいため、着底を十分に確認できなかった。カヤックでエギングをする場合は、餌木にオモリを付けるなどの工夫が必要かも。

ともあれ、久しぶりにカヤックを海に浮かべることができた。釣果は貧しくても満ち足りた秋の一日。これでアオリイカの刺身が食卓にあれば最高なんだけど・・・。

| | コメント (2)

2009年11月19日 (木)

二日酔いの午後は

朝起きると二日酔いだった。行きつけの居酒屋ではビールを飲むことが多いのだが、昨夜は寒かったのでお湯割りの泡盛でスタート。いきなりヒートアップして飲み過ぎてしまった。

朝といってもすでに10時をまわっている。カーテンを開けると青空が広がっていた。久しぶりの快晴。家にいてもゴロ寝で終わってしまいそうな気がする。ベランダに出て名護岳を眺めた。ひと汗かいて山頂に立てば二日酔いの頭もスッキリするかもしれない。

昼食後、名護岳山麓にある南展望台へ向かう。名護岳には登山ルートがいくつかあるが、この南展望台コースが一番好きだ。歩きやすいし雰囲気もいい。

久しぶりの山歩き。松の落ち葉が敷きつめられた道を登っていく。内地と違って紅葉は見られない。日差しを浴びた木々が新緑のように輝いている。

S091116d5_20e

デジイチで写真を撮るのも久しぶりだった。今日の組合せはNikon D50+標準ズーム。バッテリー切れのD40の代役として持参したD50だが、ホールド感がとてもいい。最初に購入したデジイチで使い慣れていることもあり、シャッターを押すたびに快感を覚えた。

S091116d5_05e
S091116d5_23e
S091116d5_17e

ゆっくり登っても名護岳山頂までは1時間もかからない。今日も山頂を独り占め。ひと汗かいた体に吹き寄せる風が心地いい。

S091116d5_15e

帰り道ではアルコールもすっかり抜けていた。汗をかき、山の精気に触れたからだろう。これもフィトンチッドの賜物か。山は偉大なヒーラーだと改めて思った。

| | コメント (0)

2009年11月17日 (火)

単焦点への誘惑

ここ数日、沖縄は雨混じりのグズついた天気がつづいている。気温も下がり、今日の室温は21度。内地と比べれば暖かいけど、沖縄の気候に慣れた身にとってはけっこう寒い。

風が強く、カヤックも出番がない。最近、クルマのルーフから地上へ保管場所を移したこともあり、ますます乗る機会が減りそうな気がする。

代わりに、休眠状態だった写真(デジカメ)への関心が湧いてきた。デジイチで使用する単焦点レンズが欲しい。ズームは便利だけど、お手軽すぎて面白味に欠ける気がする。単焦点レンズのカッチリと固定された画角で写真を撮るのも楽しそうだ。レンズまかせではなく、自分の足でフレームを決める。いわば原点回帰。

ニコンの単焦点レンズでは、今年の3月に発売されたAF-S DX NIKKOR 35mm F1.8Gの評判がよい。価格も手頃だし、超音波モーター内蔵なのでニコンD40でもAF(オートフォーカス)が可能。ただ、風景を撮るには画角がすこし狭い気がする。

個人的には24mm(銀塩換算では36mm)がちょうどいい。ただ、ニコンの24mmにはモーターが内蔵されていないので、D40ではAFが使えない。まあ、D50もあるのでこちらを使えばAFは使えるのだが、カメラはすこしでも軽いほうがいい。D40は高感度にも強いし・・・。一方、レンズの描写性能は後発の35mm F1.8Gが勝っている。

画角をとるか、D40でのオートフォーカスと描写性能をとるか。悩ましい選択を強いられることになりそうだ。

S091108w6_05e

| | コメント (0)

2009年11月12日 (木)

眺めのよい部屋

カヤックを購入してから一戸建てに引っ越したいとずっと思っていた。カヤックを常にルーフに載せた状態でクルマを運転することには抵抗を感じなくなっていた。それでも、カヤックとクルマの双方に良くないことは明らかだった。できれば自宅の庭にカヤックを保管したい。一戸建てなら犬も飼えるし・・・。

ネットで名護の中古一戸建てと貸家をマメにチェックした。金額や間取りの条件に合うものがなかなか見つからない。というより、物件自体がすくないのだ。飲み屋まで歩いて行ける距離などと注文をつけると対象はさらに減っていく。

時間をかけて根気よく探すしかない。そのうち掘り出し物にも出会えるだろう。ちかくのアパートの最上階に空きがあることを知ったのは、そんなふうに考えはじめたときだった。

建物の向きから海がバッチリ見えそうな物件だった。不動産屋に電話して部屋を見せてもらう。ベランダからの眺めは想像どおりだった。

部屋の間取りや周囲の環境も今のアパートより勝っていた。西日が結構キツそうだが、角部屋なので風はよく通る。自分にとって、これ以上条件がよい集合住宅の物件には出会えないだろう。最短でいつ引っ越しできるか不動産屋の担当者に聞いていた。

そして、怒濤の引っ越し。新居へ移って早1週間が過ぎた。百均で購入する細々とした生活品のリストが机に置かれている。部屋の広さはほとんど変わらないが、使い勝手が違うので慣れるまでに時間がかかりそうだ。

久しぶりに米を炊き、味噌汁を作り、サンマを焼いて食べた。陽を浴びて白く輝く海をベランダ越しに眺めていると、転居の準備と後片づけに追われた日々がはるか昔のように思えてくる。

庭と愛犬に囲まれた暮らしは儚い夢で終わってしまった。でも、かわりに眺めのよい部屋を手に入れた。何かを得ようと思えば、何かを諦めざるをえない。これまでの人生もそうだった。これからもきっとそうなのだろう。

S091108w6_01ee

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »