« 単焦点への誘惑 | トップページ | 海に浮かぶシアワセ »

2009年11月19日 (木)

二日酔いの午後は

朝起きると二日酔いだった。行きつけの居酒屋ではビールを飲むことが多いのだが、昨夜は寒かったのでお湯割りの泡盛でスタート。いきなりヒートアップして飲み過ぎてしまった。

朝といってもすでに10時をまわっている。カーテンを開けると青空が広がっていた。久しぶりの快晴。家にいてもゴロ寝で終わってしまいそうな気がする。ベランダに出て名護岳を眺めた。ひと汗かいて山頂に立てば二日酔いの頭もスッキリするかもしれない。

昼食後、名護岳山麓にある南展望台へ向かう。名護岳には登山ルートがいくつかあるが、この南展望台コースが一番好きだ。歩きやすいし雰囲気もいい。

久しぶりの山歩き。松の落ち葉が敷きつめられた道を登っていく。内地と違って紅葉は見られない。日差しを浴びた木々が新緑のように輝いている。

S091116d5_20e

デジイチで写真を撮るのも久しぶりだった。今日の組合せはNikon D50+標準ズーム。バッテリー切れのD40の代役として持参したD50だが、ホールド感がとてもいい。最初に購入したデジイチで使い慣れていることもあり、シャッターを押すたびに快感を覚えた。

S091116d5_05e
S091116d5_23e
S091116d5_17e

ゆっくり登っても名護岳山頂までは1時間もかからない。今日も山頂を独り占め。ひと汗かいた体に吹き寄せる風が心地いい。

S091116d5_15e

帰り道ではアルコールもすっかり抜けていた。汗をかき、山の精気に触れたからだろう。これもフィトンチッドの賜物か。山は偉大なヒーラーだと改めて思った。

|

« 単焦点への誘惑 | トップページ | 海に浮かぶシアワセ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 単焦点への誘惑 | トップページ | 海に浮かぶシアワセ »