« 暁の出撃 | トップページ | 新春の山 »

2009年12月23日 (水)

幻の烏賊

12月も下旬に入り、晴れて風の穏やかな日は少なくなった。そんな折、貴重なカヤック日和が到来。例によって、昼から風が強くなるらしい。そんなわけで今日も早朝に出発。早起きは三文の徳になってほしいものだ。

朝一番の光を浴びながら沖へ向かって漕いでいく。やっぱり朝日は気持ちがいいなぁと思って時計をみるとすでに8時ちかい。冬の沖縄って日の出が遅いんだよねぇ。

午前中は鯛ラバやワームでサカナをねらい、午後はエギングでイカを狙う予定。まずはタマンのポイントに鯛ラバを投入する。が、反応はさっぱり。タマンのシーズンはもう終わってしまったのか。

鯛ラバに見切りをつけてワームに切り替える。ほどなくアタリ。たいした抵抗もなくミーバイが浮上する。が、水面でバレてしまった。

そのあとがつづかない。風はほとんどなく、海面はノッペリと澱んでいる。波がないのでカヤックがスイスイ進む。パドリングには絶好のコンディションだが、魚の活性が低すぎる。ワームにさえアタリがない。

強烈な睡魔が襲ってきた。昨夜は4時間しか寝ていない。早起きに体が慣れてないせいか、目覚まし時計よりも早く目が覚めてそのまま寝つけなかった。

魚は釣れない、波もない。カヤックの上で横になった。目をつぶってカヤックの舷側に打ち寄せる波の音を聞いていると、意識がとろけていくような気がする。

いくら穏やかでも海上で寝込むわけにはいかない。体を起こして海の状態を観察した。無風で透明度も高いため、海底の様子がよくわかる。水中に巨大な岩礁が見えてきた。その周囲には大小のカラフルな魚が群れている。竜宮城を思わせるイメージ。魚の群れにワームを落としてみたが、一瞬駆け寄ってもすぐに見切って離れていく。

S091223w6_09ee

昼になるとお約束の風が吹きはじめた。海面が波立っている。ワームを餌木に替えてエギングを開始した。今回は、餌木が着底するように糸オモリを加えてある。

シャクってフォールの動作を繰り返していると、竿先に抵抗を感じた。リールを巻くと明らかに重い。海中を見ると茶色い物体が餌木にしがみついている。イカだっ! と思った瞬間、竿の抵抗がフッと軽くなった。バレてしまったらしい。

俄然、闘志がわいてきた。イカはいる。またアタックしてくるだろう。時間はたっぷりある。

それからひたすらシャクりつづけたが、イカはのってこなかった。睡眠不足のせいで集中力も限界。波も高い。結局、2時半にはギブアップ。早起きは一文の徳にもならなかった。

陸に上がっても、逃したイカの重みが手のひらに残っていた。このまま幻のイカで終わらせるわけにはいかない。デッキに取り付けるカヤック用のクーラーを購入した。これでキャッチ&イート派への転向準備は万全。あとは早寝早起きの習慣をつけるだけ。

|

« 暁の出撃 | トップページ | 新春の山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暁の出撃 | トップページ | 新春の山 »