« イカをもとめて | トップページ | 冬の市長選 »

2010年1月18日 (月)

初カヤック 2010

1月のアウトドアは山歩きを主体に考えていた。冬の沖縄は北風がつよい。内地より気温が10度高いとはいえ、北風ビュービューの海でカヤックを漕ぐのはしんどい。

とはいえ、冬でも晴れて風のよわい日はある。そんな日は最高のカヤック日和。ひょっとしたらイカも遊んでくれるかもしれない。

そんなわけで、3日目のイカ釣りではついにカヤックを出すことに。昨年末のカヤックフィッシングでは初イカ・ゲットまであと一歩だったし・・・。

晴れるはずなのに空は雲で覆われている。風がほとんどないので寒くはない。ただ、海面がのっぺりと澱んでいて活気がない。

嫌な予感を振り払うように黙々と餌木を投入する。が、なんの反応もない。午後になると風が強くなる恐れがある。昼までの短期決戦のつもりだった。

正午を知らせる時報が聞こえてくる。釣果ゼロでは寂しいので餌木をワームに変える。ほどなくアタリがあり、超ミニサイズのミーバイが釣れた。切なさがひとしお募る冬の昼下がり。風もしだいに強くなってきた。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日は快晴だった。ベランダに出ると風も穏やか。カヤックはクルマのルーフに積んだままになっている。日差しを浴びた名護湾がウインクするように瞬いている。

午後、自宅から近い名護湾のポイントへ。2日連続のカヤックフィッシングは初めてだった。イカが釣れないのがよほど悔しいのだろう。

昨日に続き、氷が入ったクーラーをカヤックに持ち込む。今日こそはイカ臭くなってくれ。

S100118w6_02e
クーラーのスペースが狭く、斜めにしないと積めない。

沖へ出ると風がでてきた。それでも日差しがあるので寒くはない。実績のあるエギング・ポイントの沖合を攻める。

Simgp1056e
カヤックキャッチクーラーは単なるモノ入れと化していた。

例によって、確実に着底するように糸オモリを加えた餌木を使用する。そのせいで餌木の動作が不自然になっているのか。昨日同様に反応がない。時間だけがじりじりと過ぎていく。

珊瑚が切れて急に深くなっている場所を見つけた。鯛ラバを試してみたが反応はない。つづいてワームを落とすとミーバイが釣れた。その海の崖の下をワームで狙うとかなりの確率でミーバイが釣れる。結局、イカに見切りをつけてミーバイと遊ぶことに・・・。

S100118w6_13e
Simgp1078e
S100118w6_15e
初エソ、ゲット。これがイカなら・・・

イシミーバイはそこそこのサイズだったのでキープしようか迷ったが、結局リリースした。写真を撮ったら即リリースという習慣がいつの間にかついてしまった。旨い魚らしいのでもったいない気もするのだが。

イカを求めて4日連続で釣りに行ったが、すべて徒労に終わった。このまま幻のイカで終わってしまうのかもしれない。

夜、家で日本酒を飲んだ。近所のコンビニでつまみを調達する。いかキムチとタコわさびで迷ったが、タコわさにした。やけ酒でも日本酒はうまかった。

S100118w6_04ejpg

|

« イカをもとめて | トップページ | 冬の市長選 »

コメント

こんばんは。
イカ残念でしたね。
でも立派なミーバイじゃないですか。

私は17日に世冨慶から名護湾カヌーデビューしましたが、意外と波があり、酔ってすぐ退散しました。くやしいので防波堤で小魚と遊んでました。

羽地内海と塩屋湾専門になってしまいそうです。

投稿: みぞゆう | 2010年1月20日 (水) 21時48分

みぞゆうさん、こんばんは。名護湾でのカヌーデビュー、おめでとうございます! 船酔いは残念でしたね。午前中なら風も比較的弱いみたいです。ミーバイならワームでそこそこ釣れますよ~。

投稿: tokajar | 2010年1月20日 (水) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イカをもとめて | トップページ | 冬の市長選 »