« 家でひとりで飲む酒は | トップページ | 初カヤック 2010 »

2010年1月16日 (土)

イカをもとめて

エギング・デビューをしてもうすぐ1年。イカはいっこうに釣れない。カヤックによるエギングも試してみたが、餌木をつかんだイカの姿を一瞬見ただけで終わった。

ポピュラーなエギング・ポイントは人が多く、場荒れしている。人が行かない未知のポイントを開拓したほうがいいのかも。

地図とGoogle Earthを頼りにエギングの候補地を探す。すこし辺鄙な場所にあり、北風に強いところ。そのマイポイントに出かけてみた。

初めての場所なので道がよくわからない。舗装道路はいつしか土のデコボコ道に変わっていた。地元の人に聞くと、海岸付近まで道は続いているが悪路らしい。近くの空き地にクルマを停めて歩くことにした。

しばらく行くと道は草ボーボーになり、歩くのが困難になった。来た道をすこし戻り、森の小道を海岸目指して進んでいく。イカの聖地は遠く険しい。

たどりついた海辺に人の気配はない。岩場混じりの砂浜で、デカいイカが隠れていそうな気がする。

沈むのが遅く、シャローに強いという特別な餌木をこの日のために用意していた。満潮は夜7時頃。暗くなる寸前までねばるつもりだった。今日は勝負のとき・・・。

釣りを開始。投げてシャクってフォール、リーリングの繰り返し。イカが居そうな場所をピンポイントで狙い撃ちする。根掛かりで秘密兵器の餌木を失った。予備の餌木を使って釣りつづける。

気がつくと、太陽が沈みかけていた。夕日が綺麗なので写真を撮る。ズームを望遠にすると、太陽の左下が欠けている。部分日食だった。ちょっとトクをした気分。

Simgp1016e
Simgp1014e

結局、この日もイカの姿は拝めなかった。帰り道は暗く寂しく、やけに長かった。

翌日は早起きして名護湾のポイントへ。現地に着いて仕掛けを作っていると、先着の釣り人が渋い顔をして引き上げていく。始める前にゲームセットという感じ。

海を見ると朝日が水面を照らしている。その光景はため息がでるほど美しかった。

Simgp1025e

|

« 家でひとりで飲む酒は | トップページ | 初カヤック 2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家でひとりで飲む酒は | トップページ | 初カヤック 2010 »