« 冬の市長選 | トップページ | 胃腸風邪 »

2010年2月 9日 (火)

借り物の時間

携帯はずっとプリペイドを使っている。もともと使用頻度は少ないし、携帯の端末でアレコレしたいとは思わない。最低限のコストで最低限の機能を利用できればいいと思っていた。

携帯のキャリアはソフトバンク。そこから「第2世代携帯電話サービス終了のお知らせ」が届いた。いま使っている第2世代(2G)の携帯電話は今年の3月末に利用できなくなるという。引き続き使用するには第3世代(3G)の携帯端末を購入する必要があるらしい。

新たに端末を買わなければならないのは痛いが、2G→3Gへの移行キャンペーンに伴う特典もあるので、必ずしも損をするわけではない。ただ、手続きがメンドクサイ。

これを機に後払い方式の通常契約へ移行することも考えた。通常契約も最近はだいぶ安くなっているし、プリペイドは通話料を定期的にリチャージしなければならないので面倒だ。送付された冊子によると、後払い方式への契約変更でも特典が用意されているらしい。

その冊子には2年契約への加入が適用条件と書かれていた。途中で解約すると契約解除料を1万円近く取られる。それを読んだら急に萎えてしまった。

先のことはわからない。気持ちが変わることもあるだろう。不確定な将来を縛られることに拒否反応を覚えた。自分にはキャッシュオンデリバリーのプリペイドがやはり合っている。

プリペイドは携帯に限らない。今住んでいるアパートだってプリペイドだ。翌月分の家賃が銀行口座から月末に引き落とされる。常に家賃1カ月分だけのマイホーム。それが毎月延長されていく。

昔読んだ「慕情」という小説に「借り物の場所、借り物の時間」というフレーズがあった。イギリスの租借地だった香港を表した言葉だが、なぜか強く印象に残っていた。自分の人生観と通じるものを感じたのかもしれない。

庭のある一戸建てへの憧れは依然消えない。沖縄にマイホームを持てたら素晴らしいと思う。それでも、夢にとどめておくのが賢明なのだろう。しょせん、人生は借り物の場所、借り物の時間。

結局、3Gのプリペイド携帯を購入した。新しい端末はストレートタイプ。軽くて小さいのでちょっと気に入っている。

Simgp1179e

|

« 冬の市長選 | トップページ | 胃腸風邪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬の市長選 | トップページ | 胃腸風邪 »