« 古巣岳に登る | トップページ | スロー&スロー »

2010年2月27日 (土)

コップの割れた朝

早朝、地震で目が覚める。おっ、けっこう大きいじゃんと思っていると、沖縄ではありえない激しい振動。リビングで何かが落ちる音が聞こえた。

揺れが収まったのでリビングの様子を見にいく。電気を点けると流し台のコップ立てが倒れていた。ガラスの破片が床に散乱している。

大きな破片は手で拾いあげ、細かい破片は掃除機で吸いこんだ。テレビをつけて地震の状況を確認する。名護は震度4だった。寝ていたので揺れを激しく感じたが、そんなものかもしれない。

内地(東京)で暮らしていた頃、震度4くらいの地震はさほど珍しいことではなかった。それなりに恐い思いはしたものの、実際に被害を受けた記憶はない。今回はコップ2個の損失。モノが百均商品でよかった。

沖縄の地震恐るべし、というのが正直な感想だった。沖縄には台風は来るけど大きな地震は発生しない。頭からそう信じ込んでいた。その証拠に企業はデータセンターを沖縄に設置しているではないか。沖縄の耐震基準は本土よりユルいという話も聞いたことがある。それも地震が少ないことに起因していたのではなかったのか。

しかし、ネットで調べてみると実態はそうでもないらしい。最新データを踏まえた分析によると、沖縄で大きな地震が発生する確率は全国平均レベルだという。沖縄は本土より地震の危険が少ないという認識は勝手な思い込みに過ぎなかった。1階が駐車場のピロティ形式のアパートから昨年引っ越したのは正解だったと改めて思う。

温暖化の影響もあって、台風が沖縄本島を直撃することは少なくなった。台風も来ない、地震も起きない。自然災害に関して沖縄は日本で一番恵まれているかも・・・などと悦に入っていた。今回の地震は、そんな脳天気ムードに冷や水を浴びせることになった。

将来、もっと大きな地震が沖縄を襲うこともあるかもしれない。猛烈な台風が沖縄本島をふたたび直撃することもあるだろう。天災はいつ起きるかわからない。油断は禁物・・・。

無残に割れた2つのコップは、そんなメッセージを伝えているような気がした。

S100223w6_03e

|

« 古巣岳に登る | トップページ | スロー&スロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古巣岳に登る | トップページ | スロー&スロー »