« 黄砂アレルギー | トップページ | 干潮の浜 »

2010年3月29日 (月)

カフェイン依存症

今年になってから胃の調子がどうもスッキリしない。原因がわからないのが問題だった。胃腸風邪のように犯人を特定できるケースもあるのだが。

胃の不調の原因として最初に浮かんだのはストレス。でも、思いあたるフシはない。最近は仕事もヒマだし・・・。もっとも、生きること=ストレスだと考えれば、完全にシロだとは言い切れないのだが。

食生活にも目を向けてみた。玄米はどうか。今年から玄米食へ移行したので関連性は否定できない。消化がよくないと聞いていたため、よく噛むようにしていた。栄養面で玄米にはメリットが多いので、因果関係がはっきりしない段階で止めるのはもったいない気もする。

次に頭に浮かんだのはコーヒーだった。昔、東京で忙しく働いていたときに胃の具合が悪くなったことがある。仕事量に比例してコーヒーの量が増え、挙げ句の果てにはカフェインの錠剤まで飲んでいた。

最近、コーヒーは1日1杯に抑えているが、体質的に合わないのかもしれない。胃の不調にカフェインが絡んでいるかどうかを検証するために、1カ月ほどカフェイン抜きの生活を送ることにした。

コーヒーの代用品としてノンカフェインのタンポポコーヒーを購入する。ブラックで飲んだ印象はコーヒーと麦茶の中間という感じ。味はギリギリで許容範囲か。ちょっと漢方薬を思わせるけど。

このタンポポコーヒーでなんとか1カ月間持ちこたえるつもりだった。が、1週間でギブアップ。朝、コーヒーを飲んだときの覚醒感が得られないのが最大の敗因だった。

結局、それまでのブラックにクリープを入れる形でコーヒーは復活した。玄米食も続けている。胃の対策といえば"エビオス錠"を飲むことくらい。

禁煙は20年まえに実現した。自宅での禁酒は達成できずにいるが、それでも飲まない日のほうがずっと多い。毎日飲まずにはいられないコーヒー(カフェイン)って、ひょっとするとニコチンやアルコール以上に強力なドラッグなのかも。

S080607c_008e

|

« 黄砂アレルギー | トップページ | 干潮の浜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黄砂アレルギー | トップページ | 干潮の浜 »