« 比地大滝へ行く | トップページ | 梅雨晴れの海 »

2010年5月13日 (木)

梅雨入りの海

ゴールデンウィークに3回、カヤックフィッシングを楽しんだ。これだけやれば気が済むだろうと思ったのは甘かった。火がついたカヤックアングラーのハートは簡単には鎮まらない。気がつくと、翌日の天気予報の風速欄をチェックする日々。そのXデーは思いのほか早くやってきた。

エモノを持ち帰って賞味した前回の釣行。慣れないせいか魚を捌くのは大変だった。今回は従来のパターンに戻り、釣った魚の写真だけを持ち帰ることに。クーラーがないぶん、カヤックが広々として気持ちがいい。こんなときに限って良型の高級魚が釣れたりして・・・。

今日はスーパーで買ったセーイカの切り身をメインのエサにした。1パック198円で量も多い。全部だと多いので半分は夕食のオカズにする。

初めての出艇場所に着くと、陸から沖へ風が吹いている。波はほとんどない。新しいポイントなので楽しみだ。

水深は20メートルくらいか。まずはお約束の鯛ラバから。アタリはそこそこあるものの、なかなか針がかりしない。やっと釣れたと思ったら小さなミーバイ。つづいて赤い錦鯉のようなオジサン(カタカシー)が釣れる。

S100513w6_05e

つぎにジギングを試みる。何か掛かったみたい。引きがよわい。リールを巻くと小型のカマスが食いついていた。

S100513w6_08e

ジギングにも疲れた。いよいよイカエサの出番だった。ジグヘッド+イカの短冊というハイブリッド仕様。手がイカ臭くなるのがアレだが、コストを考えれば許容範囲だ。

効果はてきめんだった。仕掛けが着底するたびにアタリ。アタリがないときはエサが食われて無かったりする。

小魚が多いのか、釣れる確率はそれほど高くない。それでも、アタリがひんぱんにあるので楽しい。気がつくと釣りに熱中していた。時間とともにエモノの画像コレクションも増えていく。

S100513w6_10e
S100513w6_11e
S100513w6_21e

小物が中心とはいえ良型もかかる。コバンヒメジがかかったときはラインが一気に引き出されてビックリした。最後には憧れのタマンも登場。小ぶりで引きはイマイチだったけど、美しい魚体を拝むことができて嬉しかった。

S100513w6_13e
良型のコバンヒメジ。なかなかのファイター
S100513w6_18e
今年初のタマン。釣り上げた直後なので美しい。

キャッチ&リリースを今後も続けるかどうかはわからない。おそらくケースバイケース。

旨い魚が釣れたときは持ち帰ることもあるだろう。写真だけ撮ってリリースしても十分に満足できる日もあるだろう。たとえば今日のように・・・。

S100513w6_01e

|

« 比地大滝へ行く | トップページ | 梅雨晴れの海 »

コメント

セーイカ+ジグヘッド恐るべし!ですねー。

前回忘れた餌は冷凍イカナゴだったんですけど
次回こそはイカナゴとイカの切り身も試してみます。
ヒラヒラ動くイカの切り身が魚を誘うんでしょうね。
においもありますし。

相当楽しみです。

投稿: みぞゆう | 2010年5月15日 (土) 10時14分

イカナゴも面白そうですね。なんとなく大物が釣れそうな気がします。今回はイカでタマンも釣れたので、万能エサとしての印象が強まりました。今後はテキサスリグ+イカの仕掛けも試してみようと思っています。

釣りはあれこれ作戦を考えているときが楽しいですね。

投稿: tokajar | 2010年5月16日 (日) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 比地大滝へ行く | トップページ | 梅雨晴れの海 »