« その先の海へ | トップページ | 鏡の海 »

2010年5月 2日 (日)

そのまた海へ

昨日の出漁でカヤックアングラーのハートに火がついてしまったらしい。家に帰ってもカヤックをクルマから降ろす気になれない。道具一式も車内に放置したままだった。クーラーの氷だけを新調してズルズルと翌日も同じ浜へ向かう。

現地に着くと風がけっこう強い。今日は鯛ラバとジギングは封印し、近場で小魚と戯れることにした。そのため、釣趣を優先して柔らかいルアー竿と小型スピニングリールを使う。

加えて特効エサも用意した。スーパーに1パック280円で売られていたイカソーメンだ。これを適当な長さに切り、ジグヘッドに付けてワームの代わりに使う。安いし環境にも優しい気がする。食いちぎられたワームの尻尾を見るたびに呑み込んだ魚は大丈夫なのか気になっていた。

海中に投入したイカソーメンジグはヒラヒラと白い柔肌をくねらしてアピール効果もバッチリ。ワームと同様にシャクってフォールを繰り返す。ほどなく鋭いアタリ。重量感はないが小気味よい引きでカワハギ系の魚が釣れる。その後もエソやミーバイなどの小魚がワームと同じくらいの頻度で掛かる。

S100502w6_03e
S100502w6_05e

ロッドが柔らかいので小魚でも引きを堪能できる。これは楽しいかも・・・と悦に入っていたら、根掛かりで痛恨のラインブレーク。波も高くなり、のんびり小物釣りを楽しむ雰囲気ではなくなってきたので早めに帰ることにした。正味1時間の釣りタイムだった。

出艇した浜に戻りながら、防水デジカメで海の写真を撮る。海面付近までデジカメを近づけて望遠気味で写すと臨場感が生まれた

S100502w6_07e
S100502w6_08e

目線が低いカヤックから沖縄の海をじっくり撮るのも面白いかもしれない。もっとも、カヤックでひとたび釣りを始めたら熱中して撮影に専念できそうもない。購入予定のデジカメやレンズが魚群探知機に化けそうな予感がする今日この頃・・・。

|

« その先の海へ | トップページ | 鏡の海 »

コメント

まったりさま(?)
臨場感溢れる写真で、自然体験を満喫しています。
感謝&感謝!
カヤックの時は、船に乗りたいなぁと真剣に考えます。
牧港の入り江で舟遊び、壷川漁港で釣り船体験など。

楽しい日記、いつもありがとうございます。

投稿: アラマ | 2010年5月 5日 (水) 09時44分

アラマさん、こんにちは。コメント、ありがとうございます。
カヤックは大きくて重いし、保管やメンテナンスが大変ですが、それに余りある喜びをもたらしてくれます。
私にとってはキング・オブ・ホビーです(笑)。

投稿: tokajar | 2010年5月 6日 (木) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« その先の海へ | トップページ | 鏡の海 »