« 見果てぬ夢 | トップページ | 夕映えのタマン »

2010年5月27日 (木)

メタリック・ハンター

梅雨たけなわの5月の沖縄。その一方で好天に恵まれる日もけっこう多い。晴れるとカヤックフィッシングには最適な日和となる。真夏ほど日差しは強くないし、観光客でビーチが混み合うこともない。

カヤックはクルマに載せたままになっていた。天気が良いので今日もサクッと半日釣行。風も弱くそこそこ沖まで出られそうだ。爽快な気分でパドルを漕いでいく。

しかし、ルンルン気分もそこまでだった。昨日買ったばかりのシンキングミノーを根掛かりであっという間にロスト。その後さらに沖へ出るが、ラインが使い古しのために長さが不足し、水深のある海域では底が取れないというていたらく。

結局、沖に出るのは諦めて、いつもの鯛ラバでラインが着底する場所で釣りをすることに。ジギング用のジグを新調してやる気満々だったのに・・・。

その鯛ラバを根掛かりで2つ失った。カヤックの移動で鯛ラバを回収するテクニックも今日は通用しない。2軍落ちしていたヨレヨレの鯛ラバで釣りを続ける。あまり釣れそうな気がしない。

それでも、こまめに場所を変えて投入を繰り返していると待望のアタリ。竿先が海中に引き込まれる。なかなか強い引き。何度も突っ込まれる。海面近くに浮上してもファイティングスピリットは衰えない。

てっきりタマンだと思ったが、姿を見せたのは良型のオーマチだった。今季3匹目のオーマチ。鯛ラバの常連メンバーに仲間入りという感じ。

S100527w6_03e_2
目測で50センチ弱

ちょっとメタリックがかったシルバーの魚体が美しい。歯が鋭く、どう猛な印象を与える。典型的なフィッシュイーターの面構え。釣って楽しいという点ではタマンと双璧をなす。

その後はパッとしなかった。だいぶ経って小型のイシミーバイ。最後に美形のヒトスジタマガシラを釣ってタイムアウト。

S100527w6_06e
S100527w6_08e

数は出なかったけど、良型のオーマチのファイトを楽しめて満足だった。釣り人の欲求には限りがない。量や数ではなく精神的な満足感が得られるカヤックフィッシングを志向したい。

釣れないときはロッドを置いてカヤックで横になる。目をつむって打ち寄せる波の音を聞いていれば、羊水に浮かぶ胎児の気持ちを味わえる(わけないか)。

S100527w6_05e_2
海が穏やかな日限定の束の間の快楽

|

« 見果てぬ夢 | トップページ | 夕映えのタマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見果てぬ夢 | トップページ | 夕映えのタマン »